HAWKS vs POWERS

49 - 98
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
HAWKS2.34.46.67.749
POWERS4.36.88.1114.1498

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Yuta ToyoshimaTakuro Saguchi
Tom Bowes
Philipp Kouzoubov
Soichiro Shibuya
Tomohiro Kato
Yudai Yamaji
Tatsuya NasuDoug Bonham

Movie

Details

Date時刻LeagueSeasonRound運営
11/083:00 PMA.LEAGUE20205Goannas, Blues

Match Report

2020年A league Round5 2試合目はイースタンホークス VS 専修パワーズの試合となった。

専修パワーズは、ファイナル進出に向けて負けられない戦いとなった。

 

1Q

パワーズはスタートダッシュに成功する。

負けらないパワーズは序盤から猛攻に出た。スタートが遅いホークスに対して序盤からハードにボールアタックをするパワーズは、キャプテン村田の2ゴールに加え、FW上原のゴールなど、一挙4ゴールを奪った。一方、ホークスは、パワーズの猛攻に耐えるのみで、MF伊藤、DF徳竹のゴールで、15-27と12点差で終えた。

 

2Q

ホークスが反撃に出る。

このクォーターの序盤はエンジンが掛かったホークスがFW及川と向高の連続ゴールで、同点まで追い上げた。しかし、後半はパワーズのターンオーバーからの反撃に合い、逆転することは出来なかった。一方パワーズは、ターンオーバーからFWに繋ぐが、上原が4ビハインドと精彩を欠き、28-44と16点差で引き離すことは出来なかった。

 

3Q

両者せめぎあう。

ファイナル進出に向けて引き離したいパワーズは吉田、中村、猪狩の連携により中盤を制することでFW上原に繋ぎ、このクォーターは2ゴール決める活躍を見せた。一方ホークスもDF徳竹のターンオーバーからのロングキックで佐々木が2ゴール決めて何とかパワーズに食らいついた。このクォーターは、42-59と17点差でパワーズが上回っているが、最後まで分からない試合展開となった。

 

4Q

グラウンドファイナル常連のパワーズが底力を見せつける。

疲れが見え始めたホークスに対して、パワーズは最後まで攻撃の手を緩めることなく、中盤でターンオーバーしたボールを確実にFWに繋ぎ、上原、村田、猪狩、吉田のゴールで一挙6ゴール奪い、ホークスを圧倒した。一方ホークスは中盤のターゲットが機能せず、自慢のFW陣にボールを供給することが出来ず、佐々木の1ゴールで終えてしまった。

終わってみれば、49-98と最終クォーターで一気に突き放した専修パワーズが勝利した。この結果により、パワーズはファイナル進出が決定し、対戦カードも同じくイースタンホークスとなる。ホークスはこの反省をセミファイナルで活かせるかが勝利のカギとなるだろう。

 

 

 

 

この試合の会場は、大宮けんぽグラウンド 7,8面です。

Googleマップ→
https://goo.gl/maps/kbutVn7oPBn4ykBg9

大宮けんぽグラウンドHP→
http://www.tokyokenpo.jp/facility/

Venue

大宮けんぽグラウンド
大宮けんぽグラウンド, さいたまふじみ野所沢線, 西区, さいたま市, 331‐8587, 日本

コメントを残す