HAWKS v POWERS

42 - 129
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
HAWKS2,06,26,36,642
POWERS5,39,913.1618,21129

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Yuta ToyoshimaSam Ghirardello
Tom Bowes
Eito Inagaki
Yusuke Murata
Michito Sakaki
Satsuki Shimizu
Yoshitaro HagiwaraYosuke Kuno

Movie

Match Report

2018年A league Round6延期となっていたイースタンホークスと専修パワーズの試合が行われた。
専修パワーズは無敗優勝に向けた大事な一戦となった。

1Q 無敗優勝に向けてパワーズは猛攻に出る。
高橋、堀口のゴールに加え、リーディングゴールキッカーを狙う梶川と向高のゴールで一挙5ゴールを奪った。
一方、ホークスは伊藤、佐々木の2ゴールのみで今日もパワーズペースとなった。

2Q 経験に勝るホークスが反撃に出る。
中盤に田辺、伊藤、吉原を置くことで安定し、このクォーターは北田、及川、佐々木らがゴールを決めてホークスも譲らない展開となった。
一方、パワーズは4ゴール6ビハインドと決定力に欠き、不安が残る形でこのクォーターを終えた。

3Q ホークスにアクシデントが起きる。
エース田辺が味方と接触し、このクォーターから外れることとなる。
中盤のターゲットがいなくなったホークスは佐々木を中盤に下げることでFWに厚みが減り、なんと0ゴールで終えてしまう。
一方、相手の不運にパワーズは攻撃を緩めず、堀口、泉、向高のゴールで圧倒する。

4Q グランドファイナルに向けてパワーズはさらに攻撃を仕掛ける。
この日9ゴール目のゴールを奪った向高、梶川、堀口、新部のゴールでこのクォーターも5ゴール奪った。
一方、ホークスはパワーズの勢いを止めることが出来ず、このクォーターも0ゴールで終えてしまった。

終わってみればパワーズが42-129と大勝し、2018年Aleagueを無敗優勝で終えた。
また、この試合で梶川が初のリーディングゴールキッカーに決まり、向高の3年連続受賞を防いだ。
ホークスは25日のセミファイナルに向けて課題の多い試合となり、ゴアナーズとの試合までに修正が出来るのか不安の残る試合となった。

ピーターウィルソンメダリスト予想
  • 【M氏】
  • 【S氏】
Most Improved Player

Best Photo

Details

Date時間LeagueSeasonRound運営
11/1812:20 PMA.League20186GOANNAS

Venue

江戸川運動場
〒133-0051, 4丁目-41-23 北小岩 江戸川区 東京都 133-0051 日本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で