A.LEAGUE GRAND FINAL

138 - 71
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
GOANNAS5.412.517.721.12138
HAWKS2.13.67.910.1171

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Yuta ToyoshimaBrett Qualtrough
Yusuke Murata
Denta Nakamura
Naoki Chikada
William Shi
Yosuke Hatori
Kento YoshidaShotaro Nagasaki

Movie

Details

Date 時刻 League Season Round
12/12 3:25 PM A.LEAGUE Finals 2020 GF

Match Report

2020年A league Grand Finalは東京ゴアナーズ(リーグ1位) VS イースタンホークス(リーグ3位)の試合となった。

東京ゴアナーズが勝てば2年連続の優勝、イースタンホークスが勝てば初優勝となる。

 

1Q

ゴアナーズが王者の貫禄を見せる。

2020年最終戦は負けており、また、1ヶ月振りの試合であったゴアナーズだが、そのブランクを見せることなく、FWのToddのファーストゴールで猛攻に出た。キャプテンのMonk、ベテランのBowesらがゴールを決めるとさらにToddがゴールを量産し、1Qで5ゴール4ビハインドとホークスを突き放した。一方9年ぶりのグランドファイナルで緊張があったホークスは佐藤(拓)と伊藤の2ゴールのみで、34-13と19点差つけられる厳しい立ち上がりになった。

 

2Q

ゴアナーズの攻撃が止まらない。

1Q、ゴアナーズFWのNathanはホークスDFの加瀬に抑えられていたが、このクォーターはNathanが競り勝つ場面が多く、3ゴール奪った。またこの日絶好調だったのがToddであった。ホークスのDFの要である加瀬はNathanをマンマークしていたのでToddが常にフリーになっており、このクォーターでも4ゴール奪う活躍を見せた。一方ホークスも少しずつ反撃に出て、FWの向高を中心に攻めたが、5ビハインドと精彩を欠いてしまった。

このクォーターは77-24と53点差付いてしまい、ホークスにとってはかなり厳しい試合展開となってしまった。

 

3Q

ホークスも意地を見せる。

ホークスは9年ぶりのグランドファイナルであったが、専修パワーズからの卒業生が多く在籍しているため、FW向高、MF堀口、DF徳竹は優勝経験者でもある。その堀口はウィングからフリーでマークするとそのままゴールを奪い、FWの佐々木もそれに続く形で、3ゴール奪った。しかし、ゴアナーズの猛攻を抑えることが出来ず、このクォーターでも山本、Bandiらのゴールで計5ゴール奪われた。109-51と58点差で最終クォーターを迎えた。

 

4Q

ゴアナーズは終始試合を支配し、2連覇を達成する。

ホークスは堀口と佐藤(拓)のゴールで最後まで攻め続けたが、終始試合を支配したゴアナーズは渕野の2ゴールなど新戦力が活躍を見せて最後までホークスを圧倒した。終わってみれば138-71と大差で勝利した東京ゴアナーズが見事2連覇を達成した。また、この試合の最優秀賞にあたるBOG(Best on Graound)は8ゴールを奪う活躍を見せた7番Ben Todd氏に記念トロフィーが授与された。

ホークスの初優勝とはならなかったが、9年ぶりのグランドファイナル進出は来シーズンへの更なる飛躍につながるだろう。

Venue

私学事業団総合運動場
東京都, 葛飾区, 1240023, 日本

コメントを残す