A.LEAGUE GRAND FINAL

80 - 31
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
GOANNAS5.46.88.1211.1480
POWERS0.41.82.83.1331

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhoto
Yuta ToyoshimaBrett Qualtrough
Hayata Ono
Kohei Kageyama
Yoshiharu Sasaki
Katsuyoshi Shimizu
Yudai Yamaji
Koichi Nishiyama

Movie

ピーターウィルソンメダリスト予想
  • 【M氏】
  • 【S氏】
Most Improved Player
 
Best Photo
A.LEAGUE GRAND FINAL

Details

Date時間LeagueSeasonRound
11/306:20 PMA.LEAGUE Finals2019GF

Match Report

東京ゴアナーズ、3年ぶりの年間王者に輝く!

 

2019年A.LEAGUEのグランドファイナルはリーグ1位の東京ゴアナーズとリーグ2位の専修パワーズの試合となった。東京ゴアナーズの3年ぶりの優勝となるか、専修パワーズの3連覇となるのか注目の一戦となった。

 

1Q 東京ゴアナーズが猛攻をかける

リーグ戦では2勝している東京ゴアナーズは、この日も1Qから猛攻をかけた。Burburyのゴールを皮切りに、Chalmers、Monk、Kelly、Hallの5連続ゴールでパワーズに攻め入る隙を一切与えなかった。1Qで34-4と東京ゴアナーズはスタートダッシュに成功した。

 

2Q 互角な試合展開となる

パワーズは梶川のゴールで1ゴール返すと、中川や徳竹の落ち着いたプレーで初舞台の下級生を引っ張った。そのおかげか押されていた試合展開だったが、少しずつパワーズはボールを繋げるようになった。一方ゴアナーズは、1Qとは反対に勢いが止まり、Toddの1ゴールのみで、前半を44-14と1Qから点差を広げることが出来なかった。

 

3Q ゴアナーズがリーグ戦1位の実力を見せる

2Qを1ゴールで終えたゴアナーズは、ハーフタイムでシンプルにフットボールをすることを確認していた。シンプルに攻めることで高身長のゴアナーズの攻撃をパワーズは止めることが出来ず、Hall、Burburyのゴールで着実にゴール数を稼いだ。一方パワーズは、村田のロングキックゴールの1ゴールのみで、60-20と大きくリードを許してしまった。

 

4Q 最後までゴアナーズの攻撃は止まらない

パワーズは新部が1ゴールを奪うも、攻撃の精度を欠き、5ビハインドで終えてしまった。一方ゴアナーズは身長を活かしたプレーと、セットショットで時間を稼ぐといったボールスキルだけではないスキルも見せた。このクォーターもChalmers、Monk、Toddのゴールで最後まで攻撃の手を緩めなかった。

 

終わってみれば、80-31と東京ゴアナーズが見事3年ぶりの優勝を果たした。一方専修パワーズは3ゴール13ビハインドと攻撃はしたものの精細を欠いたのが残念だった。しかし来季は上級生がいない中でも、再びグランドファイナルで見られることを期待したい。

Venue

YC&AC
日本、〒231-0831 神奈川県横浜市中区矢口台11−1 公益社団法人横浜カントリー&アスレティッククラブ

コメントを残す