POWERS vs MAGPIES

83 - 66
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
POWERS5.17.312.513.583
MAGPIES2.03.06.210.666

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Perry BrownTom Bowes
Yohei Kitada
Craig Forster
Takumi Sato
Philipp Kouzoubov
Yoshiharu Sasaki
Koichi NishiyamaDoug Bonham

Movie

ピーターウィルソンメダリスト予想
  • 【M氏】
    1. 村田(POW)
    2. 関口(POW)
    3. 羽鳥(MAG)
  • 【S氏】

    1. 村田(POW)
    2. 上原(POW)
    3. 平林(POW)

Most Improved Player
 関口 亮祐(POW)
Best Photo
POWERS vs MAGPIES

Details

Date時間LeagueSeasonRound運営
9/134:00 PMA.LEAGUE20201Goannas, Hawks

Match Report

開幕戦の2試合目は専修パワーズVS駒沢マグパイズの学生対決となった。

1Q

この試合はパワーズ上原のゴールから始まった。

この1ゴールで勢いに乗ったパワーズが上原に加え村田の2ゴール、関口の2ゴールと計5ゴールを挙げ、流れに乗った。一方マグパイズは、武井と新加入の青山の計2ゴールで、1Qは、パワーズが有利な試合展開に持ちこんだ。

2Q

パワーズは、村田、中村の計2ゴール、マグパイズは、武井の1ゴールと1Qと異なり、お互いに失速をしたクォーターとなった。お互い攻めている時間はあったが、ゴールまで持っていけないことが多く、点につながるプレーが少ないクォーターとなった。

3Q

ここで先に息を吹き返したのは、パワーズだった。

上原、稲垣、関口の1ゴールに加え、村田の2ゴールにより、また流れに乗り出した。マグパイズも負けじと武井、植野、三田が1ゴールずつ奪い、パワーズに迫る展開になった。

4Q

マグパイズは最後のクォーターでエンジンがかかり出した。

このクォーター、パワーズは上原の1ゴールのみだった。マグパイズの猛攻はすごかった。青山、三田の2ゴールで、計4ゴールを叩き出し、パワーズを追い抜く勢いでゴールを挙げていった。しかし、あと一歩及ばず結果は83-66となりパワーズに軍配が上がった。

お互いに失速する時間があり、この時間をいかに作らないかが、勝利の鍵となってくるだろう。

Venue

東小岩ラグビー場
日本、〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2丁目20−10

コメントを残す