POWERS vs MAGPIES

108 - 30
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
POWERS3.98.1212.1515.18108
MAGPIES1.02.22.54.630

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Yuta ToyoshimaBrett Qualtrough
Yoshiharu Sasaki
Eito Inagaki
Michito Sakaki
Takuma Oshikawa
Yohei Kitada
Perry BrownHideki Miyasaka

Movie

ピーターウィルソンメダリスト予想
  • 【M氏】
    1. 徳竹(POW)
    2. 新藤(POW)
    3. 羽鳥(MAG)
  • 【S氏】

    1. 徳竹(POW)
    2. 堀口(POW)
    3. 三田(MAG)

Most Improved Player
 新藤 理央(POW)
Best Photo
POWERS vs MAGPIES

Details

Date時間LeagueSeasonRound運営
10/063:20 PMA.LEAGUE20199HAWKS

Match Report

専修パワーズ、学生対決を制してファイナル進出決める

 

2019年A league Round9 1試合目は専修パワーズと駒沢マグパイズの学生対決となった。専修パワーズは勝つとファイナル進出が決まる。一方、マグパイズは勝って、ファイナル進出に望みをつなげたい大事な一戦となる。

 

1Q

スタートからパワーズが猛攻をかける。

ファイナル進出を決めたいパワーズはFWの猪狩が開始2ゴール奪う活躍を見せると、堀口もゴールを奪った。村田も続きたいところだったが、4ビハインドと精細を欠いた。一方、負けられないマグパイズは武井がゴールを奪うがパワーズの攻撃を止められず、1Qは1ゴールのみで終えた。

 

2Q

パワーズは攻撃の手を緩めない。

パワーズは中川、堀口、梶川の上級生がゴールを奪い、一気にマグパイズを突き放した。さらにこの日、攻守ともに絶好調だったのは徳武だった。センタースクエア付近でボールをカットするとそのままロングキックでゴールを奪った。マグパイズは中盤に山路を置くが、ターゲットが少なくボールを繋ぐことが出来ず、三田の1ゴールで終えてしまった。前半は60-14と46点差でパワーズが大きくリードした。

 

3Q

マグパイズは防戦一方で攻撃に出来ず

マグパイズはファイナル進出に向けて、反撃したいところだったが、パワーズが攻撃の糸口を与えなかった。好調のパワーズは堀口、徳武のゴールに加えキャプテンの木村のゴールでさらに波に乗った。このクォーター、マグパイズは0ゴールで87-17とパワーズの勝利を誰しもが確信したはずだ。

 

4Q

マグパイズは最後に反撃に出るが届かず

ホームグラウンドでマグパイズは最後、三田と上月のゴールで一矢報いるが、パワーズは4Qになっても中川、堀口、村田のゴールでさらに加点し、最後まで差を縮めることを許さなかった。

 

終わってみれば、108-30と大差で勝利したパワーズはファイナル進出を決めた。残り1試合は結果によっては2位に昇格するため次の試合も手を抜かずに来るだろう。一方、マグパイズは残り1試合残すがファイナル進出の可能性が消えた。残り1試合の相手は無敗のゴアナーズだが気負いせず戦ってほしい。

Venue

駒澤大学玉川キャンパス
日本、〒157-0077 東京都世田谷区鎌田2丁目19−8

コメントを残す