MAGPIES vs POWERS

23 - 122
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
MAGPIES0.10.13.13.523
POWERS6.39.912.1218.14122

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Yuta ToyoshimaJumpei Ito
Michito Sakaki
Takashi Kariya
Tsuyoshi Kase
Daichi Tanabe
Yoshiharu Sasaki
Keisuke KanazawaIkuya Kabasawa

Movie

Match Report

今シーズン初めての学生対決はパワーズが制す!

2019年A league Round4 1試合目は駒沢マグパイズと専修パワーズの今シーズン初めての学生対決となった

 

1Q

専修パワーズがスタートダッシュをかけた。

パワーズは近田、吉田、村田、稲垣と若手が立て続けにゴールを奪う活躍を見せると、4年生の梶川も負けじとゴールを奪った。1Qはパワーズが立ち上がりから一挙6ゴールを奪い、駒沢マグパイズが調子を上げる前に攻め立てた。

 

2Q

専修パワーズは追い打ちをかけた。

マグパイズは高橋(健)、キャプテンの山路が中盤でターゲットになるものの、FW冨士道、上月との連携が今日は噛み合わず、パワーズDF長坂、徳武に0ゴールと抑えられた。対象的にパワーズは4年生中川、泉のゴールに加えて、2年生の平野のゴールで前半戦を1-63と大差をつけて折り返した。

 

3Q

駒沢マグパイズが一矢報いた。

マグパイズは1年生武井、三田の落ち着いたプレーで山路、高橋(健)と連携が取れるようになったせいか中盤を少しずつ支配していった。FW冨士道のセットショット、清水のランニングゴールで2ゴールを奪い、DF羽鳥の活躍もあり、3Qは両チーム3ゴールのみでせめぎ合った。

 

4Q

専修パワーズは最後まで猛攻を見せた。

3Qから調子を上げてきたマグパイズだったが、今日のパワーズはもう一段ギアを上げてきた。MF堀口を起点に次々とFWにボールを供給。ラックの村田も空中戦では負けなしの活躍を見せて4Qだけで6ゴールとマグパイズを圧倒した。

 

終わってみれば専修パワーズは18ゴールを奪う活躍を見せて、今シーズン初めての学生対決を23-122と圧勝した。一方駒沢マグパイズはここ2試合調子が良かっただけに残念な結果となってしまった。

ピーターウィルソンメダリスト予想
  • 【M氏】
    1. 堀口(POW)
    2. 村田(POW)
    3. 中川(POW)
  • 【S氏】

    1. 村田(POW)
    2. 中川(POW)
    3. 平野(POW)

Most Improved Player

稲垣 瑛仁(POW)

Best Photo

MAGPIES vs POWERS

→ ALL PHOTOS

Details

Date時間LeagueSeasonRound運営
6/0912:20 PMA.League20194HAWKS

Venue

江戸川運動場
〒133-0051, 4丁目-41-23 北小岩 江戸川区 東京都 133-0051 日本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す