GOANNAS vs MAGPIES

114 - 49
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
GOANNAS5.38.512.917.12114
MAGPIES1.25.25.67.749

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Perry BrownShota Horiguchi
William Shi
Riku Tokutake
Shotaro Nagasaki
Fumiya Kabasawa
Shuma Miura
Tatsuya NasuSatsuki Shimizu

Movie

Details

Date時刻LeagueSeasonRound運営
9/274:00 PMA.LEAGUE20202Blues, Hawks

Match Report

2020年A league Round2 2試合目は東京ゴアナーズ VS 駒沢マグパイズの試合となった。

昨シーズンの王者東京ゴアナーズに唯一勝利した駒沢マグパイズは2020年シーズン初勝利に向けて、調子のいいゴアナーズに勝てるのか注目の一戦となった。

 

1Q

1Qはゴアナーズの高いマーク力を活かした攻撃が止まらなかった。

マグパイズはゴアナーズのハイボールやリードキックに翻弄されてしまった。

DF羽鳥がいい守りで応戦するが一挙に5ゴール奪われてしまい、うまく対応出来なかった。一方マグパイズは1ゴールのみで、33-8と圧倒されてしまう。

 

2Q

昨年の試合を彷彿する反撃をマグパイズが見せる。

ゴアナーズは3ゴール奪う猛攻だったが、三田、羽鳥のゴールで応戦し、このクォーターの後半はマグパイズの持ち味のスピード攻撃がゴアナーズに効き始め後半では、マグパイズが支配する時間が少しずつ増え始めてきた。

マグパイズにもエンジンがかかり始め、53-32と点差を少しずつ詰めて、試合の行先は分からなくなった。

 

3Q

マグパイズのエンジンがかかってきたところだが、王者ゴアナーズの実力がそれを阻んだ。

このクォーターはゴアナーズのWilson、Hallの2ゴール、マグパイズはノーゴールの結果となった。ベテランのWilsonが安定したキック精度を見せベテランの実力を見せた。その結果、81-36と大きく点差がついて最終クォーターを迎える。

 

4Q

ゴアナーズの猛攻が止まらず、最後までマグパイズを圧倒した。

ゴアナーズは、昨年までマグパイズに所属していた山路の2ゴールに加え、Todd、Wilson、Hallのゴールにより計5ゴールを叩き出した。それに対してマグパイズは武井の2ゴールのみとなり、結果的に東京ゴアナーズに軍配が上がった。ゴアナーズの高いマーク力が今回の勝利に繋がったのだろう。

 

終わってみれば、114-49とゴアナーズが圧勝し、昨年の借りを返す形で開幕2連勝を飾った。一方、マグパイズは開幕2連敗と厳しい状況だが、王者ゴアナーズに通用する時間もあり、ファイナルに向けて楽しみなチームになることを期待したい。

Venue

江戸川運動場
〒133-0051, 4丁目-41-23 北小岩 江戸川区 東京都 133-0051 日本

コメントを残す