DINGOES vs LIONS

94 - 126
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
DINGOES2.04.58.814.1094
LIONS7.111.314.420.6126

Match Report

ボールアップ開始時の気温は0℃。気温の低い中の試合は展開の早い内容となった。試合開始直後にホームのディンゴーズが相手のミスをつき2ゴールを奪うと流れを引き寄せた。一方のライオンズは、立ち上がりペースを掴むことができない。

ディンゴーズのプレッシャーの前に、ミスが目立つライオンズだが、長谷川(知)のゴールで落ち着きを取り戻す。さらに直後に佐口がゴールを決めるとパスもつながり始める。

ディンゴーズも1対1の強さを見せるものの第1クウォーターは流れを掴んだライオンズのペースでクウォータータイムへ。

第2クウォーターも引き続きライオンズのペース。大きくボールを展開しフォローを使って得点する形を見せて点差をじりじりと広げる。対してディンゴーズは中盤でのボール展開が見られず、FWにボールを供給するタイミングが単調に。ハーフタイムに入るころには69対29とライオンズが40点差をつけた。

第3クウォーターはJarrett Baileyの好プレーで幕を開けた。中盤でのボールアタックに加え、FWラインでマークを取ると落ち着いてゴール。ディンゴーズが立ち上がりに一気にギアを上げる。流れを取り戻したかのように見えたが、ディンゴーズはビハインドが続き、その間に再びライオンズが反撃。走りまわるFWオプションを生かした攻撃を見せた。

第4クウォーターも開始直後にペースを掴んだのは、ディンゴーズ。Matt Galeをターゲットにした縦に早い攻撃で一時は点差を14点につめた。しかしディンゴーズの反撃はここまで。最後まで走り続けたライオンズが大きくボールを動かす展開で、逃げ切った。

GOリーグの公式戦の初戦を迎えたディンゴーズは、スキルとコンテストの高さが目立つもプレイヤー間の連携がうまくいかず強みを生かしきれなかった。一方のGOリーグ2試合目のライオンズは攻撃のリズムを作り出すことができ、流れが相手にいった際の修正で、コンテストの弱さをカバーしていた。

大阪ディンゴーズは次節、2月16日(土)に大阪で専修パワーズと対戦する。

Movie

Details

Date時間LeagueSeason
1/278:50 AMGO.League2018

Past Meetings

DateHomeResultsAway時間

Venue

カナディアンアカデミー
日本 〒658-0032

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。