MAGPIES vs BLUES

72 - 62
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
MAGPIES0.12.54.710.1272
BLUES4.26.39.89.862

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpireVideo
Perry BrownBen Todd
Denta Nakamura
Hiroki Igari
Jim Cole
Shuta Hirabayashi
Yudai Yamaji
Yutaro Suzuki

Movie

Details

Date時刻LeagueSeasonRound運営
10/252:00 PMA.LEAGUE20204Powers, Goannas

Match Report

2020年A league Round4 2試合目は駒沢マグパイズ VS エキドナブルーズの試合となった。両チームとも今シーズン初勝利を目指した試合となり、激しい試合展開が予想される。

 

1Q

ブルーズが得意とするポゼッションフットボールで試合を進める。

このクォーターはポゼッションフットボールを得意とするブルーズが有利に試合を進め、サイドへの展開などを駆使し、キャプテンの佐口、金澤らのゴールで、一挙4ゴールを奪った。一方、ポゼッションフットボールに揺さぶられたマグパイズはこのクォーターでゴールを奪えず、1対26で25点差とブルーズが有利に終えた。

 

2Q

マグパイズが息を吹き返す。

マグパイズは植野の献身的なプレーにより、まず1ゴールを返した。それに続きマグパイズのキープレイヤーである三田がさらに1ゴールを奪った。ブルーズも長崎、Shiのゴールで応戦した。このクォーターは2ゴール4ビハインド取ったマグパイズが17対39と18点差まで追い上げた。

 

3Q

ブルーズが試合を決めにきた。

久納、Shiの高いマーク力にマグパイズは対応することが出来ず、久納は2ゴール、Shiは1ゴールでマグパイズに攻め入る隙を与えなかった。一方、マグパイズは、江藤、武井の2ゴールで応戦したが、ブルーズとの差は埋まらず、31対62と31点差まで開いてしまった。

 

4Q

マグパイズの大逆転劇が始まる。

マグパイズの闘志はまだ消えてなかった。このクォーターの三田はスーパープレーを連発し、3ゴールを奪った。さらに、江藤、高田、神谷のゴールでマグパイズの猛攻が始まった。今度はマグパイズが攻め続け、ブルーズに攻め入る隙を与えなかった。結果、ブルーズを0点に抑えたマグパイズが72対62と31点差をひっくり返す大逆転劇を見せた。

 

駒沢マグパイズは今シーズン初勝利で今シーズンを終えた。残念ながらファイナル進出することは出来ないが、来シーズンは上位に入ってくる可能性が十分あるチームになるだろう。一方、ブルーズは次戦の最終戦で、今シーズン無敗の東京ゴアナーズとの試合になる。厳しい試合になるが、初勝利を目指して戦って欲しい。

Past Meetings

DateHomeResultsAway時刻

Venue

東小岩ラグビー場
日本、〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2丁目20−10

コメントを残す