POWERS v SUNS

125 - 55
FULL TIME

Results

ClubQ1Q2Q3Q4Total
POWERS6,29,414,519,11125
SUNS1,24,27,48,755

Officials

Match commissionerField umpireBoundary umpireGoal umpirePhotoVideo
Yuta ToyoshimaBrett Qualtrough
Yudai Yamaji
Ken Makimoto
Yusei Hasegawa
Arima Forsyth
Jumpei Ueno
Jun OikawaYosuke Kuno

Movie

ピーターウィルソンメダリスト予想
  • 【M氏】
  • 【S氏】
Most Improved Player
 
Best Photo
POWERS v SUNS

Details

Date時刻LeagueSeasonRound運営
11/109:20 PMA.LEAGUE20187MAGPIES

Match Report

2018年A league Round1延期となっていた東京ベイサンズと専修パワーズの試合が行われた。前節、今シーズン初勝利を挙げたサンズはそのままの勢いで首位パワーズに勝てるのか注目の一戦となった。

1Q 首位パワーズが力の差を見せつける。
堀口のゴールを皮切りに新部、新藤らが立て続けにゴールを奪い、さらに現リーディングゴールキッカーの梶川が3ゴールを奪うなど一挙6ゴールを奪った。

2Q サンズも反撃に出る。
大浦、小野、シーで3ゴールを奪う。一方、パワーズはサンズのDF松橋、景山の日本代表コンビに抑えられ、2Qはお互い3ゴールを奪う形で終える。

3Q パワーズのエース向高が調子を上げてきたサンズDF陣を圧倒する。
一挙4ゴールを奪う活躍でまだまだリーディングゴールキッカー連覇を諦めていない様子だ。
一方、サンズはシーの2ゴールと加藤のゴールのみで、さらに突き放される展開となった。

4Q パワーズの攻撃は緩まることはなかった。
負傷で下がった向高に変わり、FWに梶川がスライドした。4Qだけで4ゴールを奪い、この日7ゴールの活躍をみせた。

終わってみれば55-125でパワーズの勝利となり、無敗優勝へあと1勝となった。
最終戦はホークスとの試合となり、パワーズ梶川、向高、ホークス佐々木のリーディングゴールキッカーの争いも注目になるだろう。

Past Meetings

DateHomeResultsAway時刻

Venue

しんよこフットボールパーク
日本、〒222-0035 神奈川県横浜市港北区鳥山町3300