【2021年6月17日更新】新型コロナウイルスの影響による協会の活動について

新型コロナウイルスの感染症について、2021年6月20日(日)をもって緊急事態宣言を解除するとの日本政府からの発表を受け、(一社)日本オーストラリアンフットボール協会は、協会公認クラブへの活動自粛要請を6月21日(月)に解除し、協会主催の公式戦やイベントについて、安全対策を万全に施した上で再開を目指して活動していくことを決定いたしました。

ただし、まん延防止等重点措置の適用となる地域も多く、クラブで活動をされる際は、万全の感染予防対策を行った上で、安全に十分配慮しながら慎重にクラブでの活動を行うように要請いたします。

特にミーティングやジムトレーニングなど屋内での活動はより慎重に行動し、グラウンドでのトレーニングにおいても前後で密集となることを避けるよう、感染には細心の注意を払うようにお願いいたします。

また、AFL JAPANではAFLの特性に照らし合わせ、フットボールの練習・試合等の活動の際に特に留意する点をまとめておりますので、ご参照ください。

【特に留意する点(AFL JAPAN)】

クラブでの活動の際に心がける事項
●活動参加前の検温・体調チェック
●活動参加前後のうがい・手洗い・消毒
●ボール・ドリンクボトルの消毒
●練習日と参加者の記録

特に注意すべき事項
●ボール・ドリンクボトル・タオルの共用
●タックルやコンテスト等のコンタクトトレーニング
●水道・シャワー・更衣室使用時の密集
●移動時のマスクの着用(運動時に着用する際は低酸素状態に注意する)
●熱中症
●怪我(怪我をすると接触してのサポートが必要になるため)

今後、新たな要請等が出された場合は、それに従って協会の対応を判断し、ご案内いたします。

安全にフットボールを楽しみ今シーズンも試合が開催できるよう、引き続きご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ

コメントを残す