【日本語版】2021年AFL公式ルール

2021年のAFL公式ルール日本語版が完成しましたので、公開いたします。

今年度、AFLでは「スタンドマーク」や「キックインのマークポイント」などのルール変更がありましたが、AFL Japanの公式ルールには適用しておりません。

アンパイアのスキルとグラウンドの大きさを鑑みての判断となりましたが、今後適用となる可能性もあります。

その他、AFL Japanでも適用となっている細かい部分の変更につきましては、マークコンテスト時の妨害がより厳しくなり、ゴールポールとビハインドポールに触れることの反則も厳しくなっています。

また、AFLはよりスピード感ある試合展開を目指しており、それを実現するために公式ルールに変更を加える傾向は変わっておりません。

お時間のあるときに是非、最新のルールをご確認ください。

2021年のAFL公式ルールとAFL Japan公式ルール、AFL Japan試合規定につきましては、以下からPDFファイルをダウンロードしていただくことができます。

2021 Laws of Australian Football(英語)
2021 Laws of Australian Football(日本語)
2021 AFL Japan 試合規定(日本語)


※2021年6月4日 訂正※

20.5.1 マークのライン
(b)

(誤)
サイレンの後に行われるキックの場合、ゴールへの角度が良くなる方向でない限り、マーク地点に向けてゴールラインの中心からの仮想の直線を外れてアプローチすることが認められている。

(正)
サイレンの後に行われるキックの場合、キックする位置がゴールラインの中心からマーク地点を通る仮想の直線を外れない限り、マーク地点に向けてどの方向からでもアプローチすることが認められる。


AFLの公式ルールやAFL Japanの公式ルールについてご不明な点は「03-4520-9930 / development@jafl.org」までお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ

コメントを残す