【日本語版】2019年AFL公式ルール

2019年度はAFLでいくつかのルール変更がありました。
以下に代表的なルール変更をご紹介いたします。

  1. キックイン
    ビハインドが記録された後のキックインの際、ゴールスクエアからそのまま走ってプレイオンすることができる。
    また、相手フォワードはゴールスクエアから縦方向に10m、横方向に6.4m(ビハインドポストと同じ距離)離れなくてはいけない。

  2. ディフェンスエリアでのマーク
    ディフェンスエリアの深い位置でディフェンダーがマークを取った際、マークポイントはゴールスクエアのキックオフラインまで下げられる。

  3. 50mペナルティー
    50mペナルティーをもらったプレイヤーは、50m前進している間、いつでもプレイオンができる。

多くのルール変更は、プレイヤーの安全を確保しながら、より流動的な試合展開を目指した内容になっています。

ルールにつきましては、以下のPDFファイルをご確認ください。

2019 Laws of Australian Football(英語)
2019 Laws of Australian Football(日本語)
2019 AFL Japan 試合規定(日本語)

AFLの大まかなルールを知りたい方は以下の動画をご覧ください。

ルールについてご不明な点がありましたら、
普及育成部「development@jafl.org」までご連絡をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい

コメントを残す