予想外!?の雨の中でのトレーニング

7月5日(日)、天気予報は晴れ、トレーニングは実施することに決め、Miraisはいつものように新横浜公園に集まりました。のはずが・・・、トレーニング開始の10時になると、まさかの雨が降ってきました。メンバーは顔を見合わせ、思わず苦笑い。梅雨がきて1か月、そろそろ青空の中でトレーニングができると期待していたので残念ですが、Miraisは負けません!

湿った靴と靴下、髪からは雨のしずくが滴り落ちる中、ストレッチ、ランニング、ハンドボール、キックといつものウォームアップを始めました。この日の課題は、基本に戻り、基本スキルをマスターすること。上手にキックする秘訣は、基本的なスキルをしっかり身につけることです。

ペアを組んでキックの練習へ。ベック監督は1人ずつ観察をし、正しいボールの落とし方、キックする位置などキックのフォームについて各メンバーのスキルに合わせてアドバイスをしました。メンバーが自分に自信を持つことが重要なため、キックのスキルを修正してチャレンジしていくかどうかは、各自に任せることにしました。村上は習得が早く、あとは距離、方向などの正確性を身につけるのみとなりました。

続いて、ダッシュなどの体力、瞬発力テストを行いました。メンバー全員ビクビクしていましたが、日本チームに必要な課題の1つが、体力、瞬発力です。高さがない分、スピードを生かし、相手チームを振り切る戦術が重要となります。まずは4セット行い、さらにキックとハンドボールを加えました。各マーカーまでダッシュし、振り向いてパートナーにキック、ハンドボールをするドリルをそれぞれ4セット行いました。

後半も雨が降り続いていたため、雨を生かしたトレーニングへ。濡れた地面からボールを拾い上げ、素早くターゲットにハンドボールでパスをするドリルを行いました。芝生は滑りやすく、足もとが安定しないため、転がるボールを拾い上げるのは非常に困難でした。マークは胸と手で受けてもすぐに滑り落ちてしまい、次の課題となりそうです。メンバーたちは全員、熱々のポテトのように湯気が出ていました!

雨の中のトレーニングは、Miraisにとってとてもよい経験となりました。Miraisは果敢に立ち向かい、相手を振り切り、攻めるスキルを身につけ、とても実りあるトレーニングとなりました。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です