03-4520-9930
mirais@jafl.org

限界に挑む

限界に挑む

2人のプレイヤーと1人のコーチ。AFLWのメニューを使ってトレーニングを開始しました。文字通り、プレイヤーたちはストレッチやハンドボールなどのいつものメニューをこなします。ベックがマーカーを配置したコースを見ると、プレイヤーたちは不安そうにしていました。今回のトレーニングには限られた人数しかいなかったため、ベックはフィットネスとボールスキルを混ぜたトレーニングをすることにしました。いくつかのカラーコーンを使用し、素早い動作と素早くハンドボールするトレーニングでした。考えながら素早く動くことがカギとなります。

 

ベックが数種類の中から1種類のコーンの色を指定すると、プレイヤーたちはそのコーンに触ってからターゲットにハンドボールしなければいけません。それぞれ20回ずつ行った後はキックの練習に移りました。その後は、ジグザグに走ったり、ステップを混ぜながらキックするトレーニングを行いました。ターゲットもボールを持っている人にリードをして、どこにボールが欲しいかを伝えなければいけません。コーンを通過したキッカーは素早くターゲットの方向に回転し、素早くどこに蹴るか決めなければいけません。さっこは距離を飛ばすことができ、りほかはボールを低く蹴ることができました。プレイヤーたちは疲れているようでしたが、ベックは彼女たちがしたことに満足していました。全員にとって、きついけど実りの多いトレーニングになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です