03-4520-9930
mirais@jafl.org

朝から決断が必要な日

朝から決断が必要な日

7月26日(日)、朝目覚めた瞬間から、トレーニングを行うか、中止するかの決断に迫られました。外を見ると、激しい雨が降り、空は雲ですっぽり覆われていました。しかし、Miraisはこの予測不能な天気に立ち向かうことに決めました。ラッキーなことに、新横浜公園に到着すると雨は上がり、晴れた中でトレーニングすることができました!

まずは藤田トレーナーによるフィジカルトレーニングから行うことに。ラダーを使ってジャンプやダッシュを行い、機敏性と体幹を鍛えました。バランスよくできるメンバーもいれば、ラダーからそれてしまうメンバーもいました。ウォームアップできたところで、footyの練習へ。

今回のトレーニングメニューでは、ターゲットキック、ランニングキック、方向を変えてのキックを主に練習しました。4色のコーンをスクエアに配置し、1名がターゲットにキックし、もう1名がスクエアの中でマーク。その後コーンの色を指定し、マークしたプレーヤーが指定されたコーンをタッチし、次にキックで相手にボールを返すドリルを実施。このドリルは、機敏性と正確性が求められます。ペアを組み、各メンバーが6回連続で正確なキックができるまで繰り返し行いました。メンバーたちからは、方向を変えて正確にキックすることが1番難しいとの声があがりました。

ベック監督は、この声をもとにより具体的なドリルを実施することに。藤田トレーナーにも参加してもらい、ハンドボールのターゲットを加えることで、一度ボールをパスし、再度ボールを受け取り、キックをするため、混乱を避けることができ、方向を変えても正確なキックができるようになりました。

後半は雲行きが怪しくなる中、クールダウンをするためミニゲームを行いました。ターゲットにボールを当ててポイントを加算し、誰が1番早くコンプリートできるか競いました。負けず嫌いなメンバーたちは、大いに盛り上がりながら、ゲームを楽しんでいました。

最後のドリルが終わる頃には、また晴れ間が広がりました。朝のMiraisの決断は大成功でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です