03-4520-9930
mirais@jafl.org

強さを取り戻す!

強さを取り戻す!

日本の典型的な夏の季節到来。7月12日(日)、暑さと湿度が高い中、Miraisは紫外線対策と十分な水を用意し、トレーニングの準備をしました。

この日のトレーニングは、プレッシャーの中でのキックなど、強さを身につけることを課題としました。まずは流れをつかむため、基本的なドリルから実施。続いて、2つのチームに分かれ、ハンドボールで同チームのメンバーにパスをし、相手チームにキック。相手チームも同様に繰り返し、10回連続で繋げられるようチャレンジしました。はじめはキックの方向が定まらず不安定でしたが、徐々に決めた方向へキックできるようになりました。しっかり汗をかいたので、ドリンク休憩を取ることに。

次のドリルでは、キッカーの前にディフェンダーを配置し、プレッシャーを受けながら正確にキックする練習を行いました。ベック監督は一歩離れて、メンバーの動きをじっくり観察しました。タイムリーなアドバイスと少しのヒントを与えることで、メンバー1人1人が自分で判断できるようになりました。プレッシャーがある中、どのタイミングで正確なキックを行うかは、とても難易度の高いスキルです。

後半はフィジカルトレーニングへ。Miraisは筋力などの強さだけでなく、エアロビクスのような軽やかさ、瞬発力を身につける必要があるため、ベック監督はシェパード(ボールを持っている味方に対して向かってくる相手をブロックして、ボールを持っている味方を守るプレー)を行うことに。1人がボールを持ち、味方の1人がシェパードをし、相手チームの1人がボールを取りに向かっていくドリルを4ラウンド行い、1ラウンドにつき1分間トライしました。このドリルはかなり体力的にもハードで、1ラウンド終わるとメンバー全員休憩を必要としました。2ラウンド、3ラウンド目では難しさを実感し、4ラウンド目でようやく動きの取り方が見えてきたようです。

このドリルは、トレーニングだけでなく、実際の試合でも必要なスキルです。Miraisにとって、今後実際の試合で、トレーニングで身につけたスキルを発揮し、活躍できるように、筋力、体力などの強化、瞬発力などの身軽さは今後も改善していく必要があります。今週はしっかり水分補給をして、体力を回復させましょう。来週の日曜日も暑くなるようなので、しっかり準備をしてトレーニングに臨みたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。