03-4520-9930
mirais@jafl.org

夏の終わり(だといいけど!)

夏の終わり(だといいけど!)

夏の最後のトレーニングを週末に実施しました!プレイヤーたちは、ものすごく暑く湿度の高いトレーニングの季節が終わるかもしれないことを喜んでいました。体を冷やすための大量の氷と,水分補給をしてコンディションを保つための休憩をたくさんとりました。今回のトレーニングには,チェルシーが新しく参加してくれました。オーストラリアで実際にトレーニングし、プレー経験もあるチェルシーの参加は,Miraisのプレイヤーたちにとってとてもいい経験となりました。

ボールをグラウンドから拾い上げたり,ラックからボールをもらったり,コンテスト中のボールをとることが今回のトレーニングの主軸です。ラックに,ボールを自分の左右どちら側に欲しいか声を出して伝えながら,ショートキックとロングキックの練習を行いました。ベックにとって驚きだったのが,プレイヤーたちがターゲットに上手にボールを渡せていたこと。しかし,自分の左にボールが欲しい時には右と言い,右にボールが欲しい時には左と言わなければいけないことから,左右反対に指示してしまう場面が多くみられました。これには,プレイヤーたちもくすくす笑ってしまうようでした!

その後,タックリングなしで,できる限りプレッシャーを与えるトレーニングをしました。プレイヤーたちは一度ボールをバウンドさせ,拾い上げ,一番いいと思われる方法でターゲットにボールを渡さなければなりません。素早くボールを渡すかハンドボールでつなぐか,すべてはプレイヤーたちの決断です。毎週,プレイヤーたちのディシジョンメイキングがいい方向に進歩していることをベックは嬉しく思っています。

トレーニングの〆として古き良き”piggy in the middle”を行いました。プレイヤーたちのキッキング能力が上がってきたため,中心にいるプレイヤー(piggy役)はキッカーからボールをとることがとても難しそうでした。チェルシーが勝利し,ベックが負けるという結果になりました。この結果はプレイヤーたちを笑わせましたが,特にベックが恐怖のバーピーをしている時に笑いがもれました。一体,だれがバーピーなんてものを考えたのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です