03-4520-9930
mirais@jafl.org

スペースを作りだす!

スペースを作りだす!

日曜日、プレイヤーたちはランニングキック、リーディングマーク、そしてスペースへの走り込みに焦点をおいたトレーニングを実施しました!

基本的なショートキック、ロングキックから始め、リードしているプレイヤーのちょうど前に蹴りだすトレーニングへとレベルを上げました。チームメイトのキッキング能力を知ることと、ボールの行方を読むことはAFLの重要な一面です。

プレイヤーたちはランニングキックに苦戦しているようでした。最も難しい点は、リズムとボールを離すタイミングです。ベックは、トレーニング中にミスするのは悪いことではないこと、そして、そのミスからプレイヤー全員がキッキングに違和感をなくせるようにキッキング技術を直すことができるとプレイヤーたちを安心させました。

これを練習するためにドリルを数種類行いました。ボールを持っているプレイヤーの選択肢を増やすために、ボールと同方向に走りました。プレイヤーたちは、走りながらボールをつないでいくやり方を少しずつ掴んできました。

その後、1人をターゲットとしてフォワードにおきました。フォワードは、マークをとるために空いているスペースに向かって走りながらボールを持っているプレイヤーに指示を出します。マークをした後は、別の走りこんできたプレイヤーにハンドボールをしました。

次のパートではフォワードに対してディフェンダーを配置しました。このドリルはフォワードがボールをもらうスペースを作るだけでなく、ターゲットにキックをするいい練習にもなりました。プレイヤーたちは、プレッシャーがかかった状況下でターゲットへキックするときの正確性と、フォワードが走りながらボールを受け取れる位置にキックすることを強化しなければなりません。

りほかは、チャンスがあるとボールをパンチすることができ、ディフェンダーとしていいプレーができました。さっこはディフェンダーとの間にスペースを作るだけでなく、キッカーが目の前にボールを蹴るためのスペースを作ることができていました。

今週末もプレイヤーたちはよく頑張りました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です