03-4520-9930
mirais@jafl.org

ほほえみ、笑い、そして筋肉痛!

ほほえみ、笑い、そして筋肉痛!

指を骨折して3か月休んでいたりかが帰ってきました。プレイヤーたちの顔に笑顔が浮かぶ中、ベックは今回のトレーニングがフィットネスとスキル中心になると宣言しました。すると、笑顔はたちまち消えました。ハンドボールとキックをいくらかした後は、高強度のランをしました。気温は6℃しかなかったので、体をウォーミングアップすることがとても大切です。

前回のトレーニングと同様のメニューをこなすことで、プレイヤーたちはさらにキックに集中することができ、スキルに磨きをかけることができました。りかは復帰後の初日にもかかわらずとても上手にキックができました。さっこは体の勢いを使うことをマスターできました。あちこちで笑いが漏れ、フィールド上には自分たちのみではなく周囲の人というターゲットが複数存在し、徐々に太陽が顔を出したことで、より完璧なトレーニングとなりました。

今年のトレーニングも残り数回のため、プレイヤーたちは、いい状態で今年を終え、来年に向けての目標を決めることにしました。Miraisのプレイヤーたちは、来年日本で試合をしたり、世界情勢がよくなっていれば国外でも試合をしたいと願っています。目標を持つことは、この素晴らしいスポーツをプレーしていくうえで、すべてのプレイヤーのモチベーションを高めてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です