このチームを信じている -John Worsfold

エッセンドンの監督John Worsfoldは明日行われるファイナル第1戦に復帰するために努力を重ねたDyson Heppellを称賛した。

シーズン後半は怪我で本調子ではなかったHeppellだが、負けたらシーズンが終わるウエストコースト・イーグルス戦に向けて調整が間に合った。

27歳の彼はラウンド15以降で出場したのはわずか3試合。重要な試合に向けて懸命にリハビリを行ってきた。

月曜日に行われたメイントレーニングセッションに先立って、WorsfoldはHeppellについて語り、彼の足の状態が良いことを明かした。さらに彼のフィールド内外での試合に向かう姿勢を高く評価した。

「初めて彼に会った際に感心したのをまだ覚えている。彼に会う前からもプレーなどの映像を見て、彼の性格は分かっていた。」

「彼は求められていることを理解し、必要なことをきちんとやってのける。彼は試合でプレーしたい気持ちが強く、チームが目指しているプレーを実現したいと強く思っていて、彼ができることを全て行う強い姿勢を見せている。」

「彼はプロフェッショナルだ。称賛に値する姿勢を見せ続けていることは決して驚きではない。」

HeppellはOrazio Fantasia(臀部の怪我)、Jake Stringer(疲労の蓄積)、Cale Hooker(体調不良)などの主軸と共に明日の試合に間に合う見込みだ。

先週の1週間試合がなかったことは、チームにとって試合準備の良い時間となった。

「チームは全員が素晴らしい努力で調整を進めた。週末はきちんとトレーニングし、ケアが必要なプレイヤーはリカバリーに励んだ。」

「我々が求めていたようなレベルでトレーニングができたことに満足している。」

ラウンド23のコリンウッド戦で肩を脱臼する怪我を負ったディフェンダーの要、Michael Hurleyも、月曜日の練習に参加し、調整は順調に進んでいる。

「彼は調子が非常に良い。現段階では出場できる見込みが高い。」

「明日の試合は、求められているレベルでプレーできるはずだ。メディカルスタッフも自信を持って彼を送り出してくれているし、あとは我々がメンバーに選ぶかどうかだ。」

「現時点で考えられることを全てやって、彼は調整を間に合わせてくれた。月曜日に通常通りトレーニングできたので、安心している。」

さらにWorsfoldは、昨年の覇者イーグルスとアウェイのパースで戦う試合を前に自信をのぞかせた。

「我々のメインテーマは、我々のベストプレーをいかにして出すかだ。今までの取り組みを信じて、それを試合で出し、最初のバウンスから最後のサイレンが鳴るまで、ベストパフォーマンスを見せ続ける。」

「今シーズンは期待通り、非常に良いチームになった。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください