Echidna Bluesが誕生!

2020年シーズンにA.LEAGUEに参加する合同チームの名前が「Echidna Blues(エキドナ・ブルーズ)」に決定しました。また、ロゴも決定し、本格的にチームの活動が開始します。

【経緯】
新型コロナウイルスの影響で、A.LEAGUEに所属するクラブ「東京ベイサンズ」が活動休止となり、サンズのプレイヤーが声をかけ、合同チームを結成しました。2020年シーズンは特例措置としてGO.LEAGUEに参加しながらA.LEAGUEでもプレーできるようになりましたので、ライオンズのプレイヤーも合同チームに加わることになりました。さらに、リーグ参加準備中の早稲田ワイルドブルドッグスのプレイヤーも加わり、2020年シーズン限定のエキドナ・ブルーズが誕生しました。

すでにエキドナ・ブルーズの練習は行われており、ライオンズからは豊島が副代表に、萩原が共同キャプテンに選出されています。

なお、ライオンズは引き続きGO.LEAGUEにも参戦し続けます。

ライオンズに加えまして、ライオンズの一部メンバーが参加するエキドナ・ブルーズへご声援をお願いいたします。

<エキドナ・ブルーズ>
Email:echidnablues@gmail.com
Website:https://jafl.org/blues/

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です