ディフェンスのShawが2ゴール!

エッセンドンを相手にジャイアンツは見事な逆転劇を見せた。一時は29点差をつけられていたが、第3クウォーターから第4クウォーターにかけて徐々に流れをつかみ、最終的には4点差の勝利となった。

この試合最後の7ゴールの内、6ゴールがジャイアンツのゴール。「ギアを一段上げた」と解説者をうならせたアタックで、見事勝利を手にした。

Stephen Coniglio(26ディスポーザル、1ゴール)とTim Taranto(32ディスポーザル、4クリアランス)が逆転劇の功労者となった。さらにこの試合を彩ったのはディフェンスHeath Shawの2ゴール、重要なシーンでフォワードまで駆け上がり、チームをサポートした。

また、キーディフェンダーのPhil Davisは一時フォワードへポジションを変えて、マークを取ると、 Jeremy Finlayson にパスを出してゴールを演出するなど、様々なポジションも試した中での勝利となった。

【今週のNever Surrender!】

Phil Davis のタップに反応したHarry Himmelbergは相手と競り合いながらドリブルし、タイミングよくピック。Jeremy Cameronにキックパスを出し、Cameronもクリーンピックを見せてゴール。試合終盤でキープレイヤーが一気にスプリントしたプレーでゴールを奪い、逆転に成功した。

ESSENDON                                 0.2     6.3     7.5    8.7      (55)
GREATER WESTERN SYDNEY    0.2     2.5     4.7    8.11    (59)

GOALS
Essendon: Langford 2, Zaharakis, McDonald-Tipungwuti, Shiel, McKenna, Draper, Saad
Greater Western Sydney: Shaw 2, Cameron 2, Coniglio, Finlayson, Himmelberg, Ward

BEST
Essendon: Merrett, Ridley, Saad, Hurley, McGrath, Langford
Greater Western Sydney: Coniglio, Taranto, Whitfield, Haynes, Kelly, Shaw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です