新キャプテンConiglioが開幕戦を引っ張る!

新キャプテンConiglioと共にスタートを切った2020年シーズン開幕戦、活躍したのはフレッシュな面々だった。この試合がAFLデビューとなったルーキーのTom Greenは中盤でスター揃いのキャッツを相手に堂々の戦いぶり。

さらにディフェンスのHarry Perrymanは今シーズンからウイング付近での役割が増えており、この試合ではFWラインまで果敢に上がるシーンも多く、自身最多の4ゴールを獲得。

成長著しい若手が経験を積みつつあり、安定した戦いでキャッツに一度もリードを許すことなく快勝した。

【今週のNever Surrender!】

 

ディフェンスラインからのカウンターアタック。スモールフォワードのZac Langdonは無理をしてマークにいかず、フォローに入ったToby Greeneにボールを落とす。Greeneは前線に走り、タックルを受けるもさらにフォローに入ってきたConiglioへハンドパス。

素早い攻撃のためディフェンスが戻りきれず、空いたゴールを見たConiglioはそのままスナップショット。流れるような中央突破でゴールを奪った。注目はConiglioのランニング。始めにボールをキックした際もハンドパスがもらえる位置でボールを呼び、ボールが前線にキックされるとみるやそのまま走り続けてフォローへ。長い間走って得たボールは「セカンドエフォート」と呼ばれる見本のようなプレー。新キャプテンが献身的なプレーを見せた。

また、イタリアにルーツを持つConiglioはイタリア国旗を見せて、新型コロナウイルスと懸命の戦いを続けるイタリアにエールを送った。

GIANTS          5.0    9.1    13.3    17.3    (105)
GEELONG       4.2    6.6     8.7     11.7    (73)

GOALS
GIANTS: Perryman 4, Greene 4, Cameron 3, Coniglio 2, Lloyd 2, Langdon, Finlayson
Geelong: Duncan 3, Hawkins 2, Ablett, Miers, Dangerfield, Dahlhaus, O’Connor, Rohan

BEST
GIANTS: Perryman, Greene, Hopper, Haynes, de Boer, Whitfield
Geelong: Duncan, Stewart, Ablett, Selwood, Tuohy, Blicavs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です