若手中心で臨むもスパークせず

上位のライオンズ相手に全く歯が立たない試合となった。エッセンドンはわずかに3ゴール。ライオンズのCameronには1人で4ゴールも決められた。第1クウォーターに5ゴール決められるとその後は差を縮めることができず、63点差の大敗となった。

第2クウォーターは一時得意のカウンターアタックの形も出たが、相手のプレッシャーに負けてスキルミスを連発。またフォワードのエントリーも安定せず、多くのターンオーバーも許した。スキルエラーに加えて相手に多くのフリーキックを与えてしまい、後半はわずか1ゴール。

ボールへの勢いの差を見せつけられたエッセンドン。若手を多く起用した試合だったが、勢いのあるアタックができないまま試合を終えた。ディスポーザルも248-317と大きくライオンズを下回り、ボールを確保できていない現状をデータも物語っている。

中盤に入ったAndy McGrathは25タッチの活躍、Devon Smithはタックルを連発し、さらに2ゴールも決めた。

この試合、光明が差したとすれば、AFLデビューを果たした21歳のSam Draperの活躍だろうか。ラックでは21ヒットアウト、さらにフォワードに入った際にはコンテストマークも決め、AFLのレベルで十分に戦えることを証明した。Tom Bellchambersに次ぐセカンドラックマンとしての期待がかかっている。

【今週のExplosion!】

Devon Smithのクラムプレー。カウンターアタックから中央を突破し、Zach Merrett がFWへボールを供給。Devon Smithはボールを呼ぶも、ボールは頭上を通り越す。すぐにターンしたSmithはフォローに入り、ボールを獲得するとそのままスナップショット。

フォワードが高さで勝てないシーンが多いエッセンドンだが、広いスペースをカバーできるSmithのような存在が、攻撃力を支えている。

ESSENDON    1.3    2.3    3.4    3.10    (28)
BRISBANE      5.3    5.5   10.6   14.7     (91)

GOALS
Essendon: Smith 2, Parish
Brisbane: Cameron 4, Neale 2, Ellis-Yolmen, Ballenden, Hipwood, Lyons, McCarthy, Rayner, Skinner, Zorko

BEST
Essendon: McGrath, Hurley, Ridley, Parish
Brisbane: Neale, Witherden, Berry, Zorko, Answerth, Cameron

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください