2021年まで赤黒で -Darcy Parish

Darcy Parishはあと2年間、2021年までエッセンドンでプレーできるよう契約を延長した。

2019年シーズンはミッドフィールダーとしてプレーしている22歳のParishは、今シーズン好調を維持しており、1試合あたり21ディスポーザル、4インサイド50m、4タックル、3.5クリアランスのキャリア最多の記録はどれも全て今シーズンに記録したものだ。さらに今シーズンはキャリア最多の11ゴールを記録している。

Parishは2015年にドラフトでエッセンドンに加入、翌年のラウンド1でAFLデビューを果たしている。

エッセンドンのプレイヤーとして2021年まで試合ができることにParishは喜びを隠せない。

「このクラブ以外で契約を結ぶことは一度も考えたことがない。このクラブが好きだし、クラブに恩返しがしたい。」

「クラブのプレイヤーやスタッフとも非常に良い関係を築いているし、クラブでの時間を本当に楽しんでいる。みんなから多くのことを学ぶこともできた。」

「クラブの一員であることに誇りを持っている。今回少なくとも2021年までプレーできるようになったことで、さらに高いモチベーションで試合に臨める。」

監督のJohn WorsfoldはParishが継続してプレーすることはクラブの成功に不可欠だと話した。

「シーズン序盤にDarcyがAFLチームのスコッドに戻れたことは本当に良かった。クラブに非常に貢献していて、今シーズンのエッセンドンに欠かせない存在となっている。」

「Darcyは真摯にトレーニングに取り組み、攻撃的ミッドフィールダーとして成長した。将来のクラブにとって鍵となるプレイヤーで、このままクラブの成功を支えてほしい。」

クラブのリストマネージャーのAdrian DodoroはParishの契約延長はクラブにとって非常に大きな意味を持つと語った。

「Darcyがサインしたことは非常に嬉しい。好感が持てる性格を持っているだけでなく、ミッドフィールダーとして成長が著しい。」

「2015年にクラブに来てからずっと期待をしているプレイヤーだ。彼のピークはまだ先だし、彼が今後どのようなプレーを見せてくれるか今から楽しみだ。」

「我々のプレイヤーグループはベテランと若手が良いバランスでミックスされており、Darcyが今後このグループで重要な役割を果たしてくれることを期待している。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください