R1 vs. Hawks 強豪を撃破!

ESSENDON            4.4   5.8     12.12   17.14    (116)
HAWTHORN           2.3   6.10   10.14   12.19    (91)

エッセンドンの「comeback story」は完璧なスタートを切った。強豪のホーソンを相手に25点差の勝利。クラブは団結し、土曜日の夜のMCGは歓喜に包まれた。

エッセンドンはAFLに戻ってきた10人の内、6人が試合に出場した。Dyson Heppell、Jobe Watson、Michael Hurley、Cale Hooker、Travis Colyer、Brent Stantonの6人はブランクを感じさせない軽快な動きを見せ、トップレベルの戦いで十分に通用することを証明した。

Zach Merrettは37ポゼッションと相変わらずのボールタッチの多さでチームに貢献し、今シーズンからキャプテンを務めるDyson Heppellもボールの起点となって116対91の勝利に大きく貢献した。

エッセンドンは試合開始直後から一気に攻め立て、3ゴールを奪うと13点差で第1クウォーターを終えた。しかし強豪ホーソンはそれぐらいでは怯まない。第2クウォーターからはホーソンの反撃に合い、逆転を許してハーフタイムへ。

エッセンドンは苦しい時間帯が続いたが、第3クウォーターに攻撃陣が爆発。左足のスナップショットを決めたOrazio Fantasia、見事なランニングゴールを見せたShaun McKernanらの5連続ゴールで一気に再逆転。その勢いは第4クウォーターも止まらず、HeppellとHookerのゴールで完全に相手の望みを絶った。

昨シーズン、クラブの多くのプレイヤーが出場できない中、成長したZach Merrettはこの試合でも中盤で良い動きを見せ、エリートフットボーラーへの道を順調に歩んでいることを確信させた。若干21歳のZach Merrett、この日はハーフタイムまでに26ポゼッションを獲得し、後半もグラウンドを走り回って攻撃のリズムを作った。

Heppell(34ポゼッションと3ゴール)はHooker、Hurley、Stantonと同じく実に566日ぶりの出場(Watsonは629日ぶり、Colyerは651日ぶりの試合)。試合勘を取り戻せるかが心配されたHeppellだったが、その心配をよそにリーダーシップを発揮し、エッセンドンの新しい時代を感じさせる堂々としたキャプテンシーを見せた。

Orazio Fantasiaはフォワードインサイド50mのエリアで、決定的な仕事を多くこなし、4ゴールの活躍。大型フォワードのHookerとJoe Daniherは3ゴールずつ決めた。

エッセンドンのコーチJohn Worsfoldはまだチームには伸びしろがあるとしながらも、ホーソンを下した試合を見届け、チームの実力を誇りに感じていた。

「まだまだこれからだ。チームはもっと成長できるし、お互いに理解を深めることで、より良いプレーを目指せる。」Worsfoldは試合後に語った。

「試合の入り方は良かったが、30分から40分経過したあたりはホーソンの反撃に合い苦しい時間帯になった。でもチームは何とか食らいつき、良く戦うことができていた。」

「流れを何とか引き寄せるようにハードに戦い続けたのが良かった。そして、一気に流れを手繰り寄せ、相手を突き放した。実に素晴らしい展開だった。」

Brendon Goddard、Darcy Parish、Watsonはボールを多く獲得し、攻撃につなげることができていた。

一方のホーソンは昨年活躍していたLuke Hodgeが試合を欠場、Sam Mitchellはイーグルスへ移籍、Jordan Lewisもデーモンズへ移籍し、チームの核が入れ替わって全く違うチームになっていた。

エッセンドンは来週ブリスベンへ移動し、ライオンズと戦う。開幕戦の勢いそのままに勝つことができるだろうか。

GOALS
Essendon: Fantasia 4, Daniher 3, Hooker 3, Heppell 3, Stanton 2, Zaharakis, McKernan
Hawthorn: Roughead 2, Puopolo 2, McEvoy 2, Rioli, Bruest, Schoenmakers, Shiels, Hartung, Smith

BEST
Essendon: Merrett, Heppell, Goddard, Watson, Daniher, Parish
Hawthorn: Mitchell, Langford, O’Meara, Burgoyne, Birchall

INJURIES
Essendon: Nil
Hawthorn: Rioli (thigh)

Reports: Nil
Umpires: Foot, Findlay, McInerney
Official crowd: 78,294 at the MCG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください