カテゴリー: GAME

GOリーグ公式戦2連勝!

1月27日(日)に行われたGOリーグ第2試合、大阪ディンゴーズとの試合に126-94で勝利し、ライオンズは2連勝を飾りました。

今回はアウェイの試合で、兵庫県への遠征。
8時50分のボールアップは遠征の試合では異例で、現地に早朝に到着したころには雪が舞っているとても寒いコンディションでした。

会場のカナディアンアカデミーでは何度か試合を行ったことがあるため、慣れた環境で試合を行うことができました。

ボールアップ直後は、ディンゴーズに押しこまれましたが、少しずつ立て直し30点前後のリードを保ったまま試合を終え勝利することができました。

公式戦の経験が少ないプレイヤーを周りがサポートし、安定した戦いができました。

これで2連勝。
チームも遠征で一回り成長し、収穫のあった試合となりました。

試合後にはお互いの健闘を称えあうスピーチを行い、ライオンズのポロシャツを大阪ディンゴーズ代表のMattさんにプレゼントしました。

試合後の火曜日はリカバリーの軽めのトレーニングと試合の振り返りミーティングを行いました。

以下、豊島キャプテンの試合後のインタビューです。

―試合を振り返ってどうでしたか?

やはり遠征は試合後の疲労が違います。
結果は100点以上取ることができましたが、失点も多く、うまく攻めることができた部分があった一方、守備には課題も残りました。

 

―対戦相手となった大阪ディンゴーズの印象はどうでしたか?

大阪ディンゴーズは、Mattさんをはじめ、体も大きくコンタクトが強いプレイヤーが多かったです。ボールアタックが激しく、ボールに人数をかけながらもターゲットに上手くボールをつないでいたので、戦うのが難しかったです。

 

―苦しい時間帯があったときにどうやって立て直しましたか?

試合中は流れが相手にいった時間もあり、その時はショートパス、ショートキックをメインに、まずはしっかりボールをつなぐことでチームを立て直しました。試合中に起きたミスは割り切ることも必要なので、良くないプレーが起きても切り替えて、次のコンテストに集中しました。

 

―ライオンズは今年度、何度か大阪遠征を経験していますが、遠征時の工夫はありますか?

ライオンズは車で行くメンバーと新幹線で行くメンバーに分かれていますが、特に車のメンバーは移動時の疲労に気をつけています。遠征を繰り返すことで、自分なりの体調の整え方も分かってきていますし、メンバー同士で声をかけて良いコンディションにもっていけるようにお互いに気をつけています。

 

―ライオンズは学生から社会人、オーストラリア国籍のメンバーもいて、様々な属性のメンバーがいますが、まとめ上げるコツはありますか?

まずは自分が中心となってたくさん声をかけていくことです。ちょっとした共通点を見つけて、まずはチームに溶け込んでもらえるように意識しています。移動時、アップ時、試合中やクウォータータイムなど、チャンスがあれば常に声をかけていますね。

GOリーグ第2戦:1月27日(日)開催!

11月25日(日)に行われた専修パワーズとのGOリーグ初戦に続き、第2戦の試合日程が決定しましたので、お知らせします。

【大阪ディンゴーズ – R246ライオンズ】
日付:1月27日(日)
時間:8時50分試合開始
場所:カナディアンアカデミー( https://www.canacad.ac.jp/ )
MAP:https://goo.gl/maps/fgAr39rxYEm

お正月の1週間を除き、AFL Japan Awardsの後もトレーニングを続けてきたライオンズ、今回は兵庫県に遠征してアウェイでの対戦となりますが、自分たちのプレーが出せるように全力で戦います。

試合観戦は無料でどなたでも観戦できますので、お近くにお住いの方はぜひ応援にお越しください!

GOリーグ開幕、ライオンズがリーグ初勝利を収める!

11月25日(日)に行われたGOリーグ開幕戦は専修パワーズと対戦し、82対23で勝利しました。

当日は多くの方に応援に来ていただき、ライオンズ主催のアフターマッチファンクションも開催しました。

GOリーグ開幕戦の受賞者は以下の通りです。

BOG (Best On Ground)
Shuta Hirabayashi – Senshu Powers

LGK (Leading Goal Kicker)
Kazutoshi Hasegawa – R246 Lions

BOM (Backs Of the Match)
Yukihiro Ami – R246 Lions

STA (Skipper Toyoshima Award)
Yusuke Murata – Senshu Powers

GOリーグは各クラブが主体となって運営するリーグで、ホームクラブが運営の責任を持ちます。試合を開催する力をつけ、日本全国でオーストラリアンフットボールを普及させることができるよう、試合に勝つ能力だけでなく、クラブの総合的な力も問われるリーグです。

各クラブが協力し合ってGOリーグを運営していく雰囲気を出せた開幕戦となりました。

試合内容は満足いくものではありませんでしたが、火曜日のチームミーティングで試合を振り返り、チームとしての課題と個人の課題を明確にすることができました。

以下は試合後の豊島キャプテンのインタビューです。

―開幕戦に向かってどのような準備を行いましたか?
GOリーグはホームチームが試合を運営するという仕組みになっているため、試合運営の準備も行いました。開幕戦はライオンズがホームチームだったので、プレイヤーやスタッフだけでなく、観戦に来てくれる方も楽しめるようなアフターマッチファンクションを考案しました。

―試合内容はどうでしたか?
連携が足りず、うまくボールがつながらないシーンも多かったですが、今後ライオンズのチーム色がでるような連携を練習の中で取り組んでいきたいと思います。

―チームメイトの様子はどうでしたか?
公式戦が初めてのプレイヤーもいましたが、よくコミュニケーションをとれてプレーできていました。久しぶりに試合に復帰するプレイヤーと一緒に戦えたのも嬉しかったです。

―GOリーグの今後の展望を聞かせてください。
現時点での参加チームは3チームと少ないですが、湘南ポセイドンズや千葉ガーディアンズ、宮崎グランドスウェルズなど参加準備中のクラブと一緒に盛り上げていき、全国規模のリーグに発展させていきたいです。

ライオンズとしての公式戦は久しぶりで不安もありましたが、無事にGOリーグクラブとして再スタートを切ることができました。

次節は1月に大阪ディンゴーズとの対戦を予定しています。
試合が決定しましたらお知らせいたしますので、引き続きご声援をお願いします。