Joe Daniherの復帰戦を勝利で飾る!

Joe Daniherが待ちに待った復帰を果たした。本人はもちろん、プレイヤー、コーチ、スタッフ、誰もが待ち望んだフルフォワードの復帰戦。前半はホークスに思うようにボールを回され、36点差をつけられてハーフタイムを迎える。

第3クウォーターに入るとまるで違うチームになったかのように、一気にボールにプレッシャーをかけるエッセンドン。得意のハンドボールチェーンが成功し、復帰したJoeのゴールを含む4連続ゴールで徐々に差を縮める。

ミッドフィールダーで何度もアタックしたのはAndrew McGrath。Zach Merrettと共に効果的にボールをつなぎ、多くのボールをフォワードラインに供給した。Daniherは同じくフォワードのJake Stringer、Cale Hookerと連携しながらグラウンドを駆け回った。

最終クウォーターに入っても攻撃の手を緩めなかったエッセンドン。後半は見違える動きで逆転劇を演じ、87-71の16点差で勝利を収めた。

試合の最後のゴールを奪ったのはこの日主役となったDaniher。復帰戦で3ゴールを決め、残り少ない今シーズンでの活躍を期待できそうだ。

Daniherはオールオーストラリアンに選出された2017年以来、内転筋の怪我に悩まされわずか12試合しか出場していない。またオフシーズンには他クラブへの移籍も噂されていた。今後の活躍に疑いを持つファンの不安を払拭したDaniherの活躍がチームを勝利に導いた。

【今週のExplosion!】

センターバウンスからこぼれたボールにZach Merrettがアタックし、こぼれたボールを Darcy Parishがピックして前線へ。待ち受けていたJoe Daniherがボールの落下地点を守り、最後にダイブしてマーク!

高さで勝負できるDaniherだが今回はDFとのポジショニングの駆け引きに勝利し、復帰戦初ゴールで一気にチームに勢いをつけたプレーとなった。

HAWTHORN    3.4    7.10    8.10   10.11     (71)
ESSENDON    1.3     2.4     7.7     13.9     (87)

GOALS
Hawthorn: Howe 2, Scully 2, Gunston 2, Worpel, Cousins, Minchington, O’Brien
Essendon: Daniher 3, McDonald-Tipungwuti 2, Stringer 2, Hooker 2, Clarke 2, Stewart, Langford

BEST
Hawthorn: McEvoy, Worpel, Scrimshaw, Mitchell, Scully, Cousins
Essendon: McGrath, Merrett, Daniher, Shiel, Smith, Langford

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください