トーキングポイント vsサンズ

EssendonのJLTコミュニティシリーズ第2戦は、輝きと弾力性の期間をもたらしました。

最終的には勝利には届かなかったが、多くの話題があった。

 

ディフェンス

ゴールドコーストは、ディスポーザル(405-350)、クリ​​アランス(36-26)、ストッページ(22-15)、コンテステッドポゼッション(151-114)を支配した。それらは、59-40のインサイド50のアドバンテージにつながった。

ボマーバーズのバックラインに余分なプレッシャーがあったにもかかわらず、3得点だけが得点となった。

John Worsfold監督は、試合の後、「本当のプレッシャーの下で私たちのディフェンス能力は時に優れていた」と語った。

Michael Hartleyは、復帰選手の中で傑出した一人でした。彼はSunsのキーフォワード ピPeter Wrightをマーク1つのみに抑えた。

スタンド・インのキャプテンMichael Hurley(18ポゼッション、4リバウンド)も印象的だった。

 

アタックの効率

ボマーズのフォワードのチャンスは限られていたが、彼らは彼らのチャンスを最大限に活かした。

ドンズは40試合から12試合連続50に進んだ。逆に、Sunは59試合で12ゴールを決めた。

ボマーズのアタックの効率は、JLTコミュニティシリーズの第1試合でコリングウッドと対戦し、50アーク内で37ショット中24本をゴールしたときに明らかになった。

 

ミッドフィールダーとしてのLangfordの成長

Kyle Langfordは、AFLのキャリアのうち最初の2シーズンで、ほとんどをハーフフォワードでプレーしたが、日曜日にはほとんどをミッドフィールドでプレーした。

この20歳はエッセンドンでトップのコンテステッドボールウィナー(10)であり、18回のディスポーザルで83%の効率を記録した。

 

古いガード

Jobe Watson(24ディスポーザル、5マーク)Brendon Goddard(19ディスポーザル、3インサイド50)とBrent Stanton(21ディスポーザル、5リバウンド)は、いずれも一巡して長時間グラウンド上にいた。

Stanton(81%)が今季初試合だったのに対し、Watson(69%)とGoddard(73%)の今季2試合目だった。

 

ネクストウェーブ

Josh Begleyは4ゴールを奪い、Jordan Ridley(10ホール)とDylan Clarke(11ホール)も存在感を示し、2週連続出場のAndrew McGrath(16ホール)はディフェンスラインにフィットしてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください