グランドファイナル

11/30、東京ゴアナーズに惜しくも敗戦し、準優勝という形で今シーズンを終えました。

序盤にゴアナーズがゴールを決め、パワーズの立ち上がりの悪さが浮き彫りになってしまったと思います。

今回の敗戦をただの負け試合にせず、パワーズの課題を一つずつ解決していき、来シーズンに向けて前に進んでいきたいと思います。

4年生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

また、毎試合の運営をしてくださってくれた他チームの方々、協会の方々、試合に足を運んでくれた方々、全ての人に感謝したいと思います。

来シーズンも専修Powersをよろしくお願いします。

明日、グランドファイナル

先々週のサンズ戦に勝利し、グランドファイナルに勝ち進んだ我々は、明日東京ゴアナーズと対戦します。

強敵ではありますが、3連覇を目指して全力で戦いますので応援よろしくお願いします。

明日

決勝

11月30日 対東京ゴアナーズ

18:20  YCAC

VS イースタンホークス

6/23に行われたホークス戦は100-77で勝利しました。

1Q目はパワーズが猛攻をみせ、リードしていましたが2Q目、3Q目はホークスに差を詰められましたが、4Q目にパワーズがゴールを決め勝利へとつながりました。結果としては、勝利しましたが内容的にはマグパイズ戦と比べるとディフェンスが少し甘かったようにも感じました。その他の点も改善し、2ndステージで巻き返していきたいと思います。    

次戦は、7/8に行われるゴアナーズ戦です。応援お願いします。

 

VS 駒沢マグパイズ

6/9に行われたマグパイズ戦は122-23という大差で勝利することが出来ました。

 

次戦は、イースタンホークス。どんどん巻き返していきます!

vs東京ベイサンズ

5/12に東京ベイサンズと対戦し、スコアは43-73で敗戦しました。終始、サンズのアグレッシブさや体格の迫力に圧倒され、パワーズの強みがあまり出ないまま終わってしまったように感じる試合内容でした。全シーズンは全勝優勝だったということもあり、すでに2敗してしまっているため、選手たちの士気はますます上がっています。

また、日本オーストラリアンフットボール協会に所属されていました、リチャード・レイドラーさんが5月10日にご逝去されました。レイドラーさんは、2008年のインターナショナルカップでは日本代表のコーチを務め、サムライズを過去最高のベスト8に導きました。この素晴らしい戦歴を讃えて、試合前には1分間の黙祷がありました。レイドラーさんのご冥福を心からお祈りしております。

 

次戦は6/9に行われるマグパイズ戦です。応援よろしくお願いします。

vs東京ゴアナーズ

4/21 江戸川グラウンドにて東京ゴアナーズと対戦しました。スコアは59-71で惜しくも敗戦という結果で終わってしまいました。

対戦相手であるゴアナーズの選手は、やはりオーストラリアの方が多く、体格やフィジカル面ではパワーズが劣っている面がありながらも、パワーズの持ち味である下のボールに果敢にいくことで試合は接戦でした。4Q目、残り5分くらいの場面で1点差で勝っていましたが、ミスを許し失点をしてしまいました。

今回の敗因としては、全体的なフィットネスの足りなさにあると思いました。新2年生が多く、技術面では他のチームと差が生まれてしまうのは必然的なことです。しかし、いつまでもそれに甘えてはいられないので、練習を重ねて、次戦に向けて準備していきたいと思います。

2019年度初練習

1/12、久地グラウンドにて今年度初の練習が行われました。雪がちらほらと降る中、初練習ということもあり、練習のテンポがまだつかめていないように見受けられました。練習を重ねていくうちに質の良い練習ができるようになると思います。3年生は就職活動に忙しい時期ですが、何人か練習に参加してくれました。また、イースタンホークスから前パワーズキャプテンの伊藤さんも練習に参加してくださり、アドバイスを頂きました。下級生は、「指導してくれる人がいること」を当たり前と思わず、感謝して練習に励んでいきましょう。

専修パワーズ2019 新体制初ミーティング

1/6、専修パワーズ新体制としての初ミーティングが行われました。

 

今年度の代表は、以下の通りです。

主将:木村(1年)

副将:堀口(3年)・手塚(2年)・村田(1年)

今年度の全体目標は、リーグ3連覇およびAFLの普及です。代表のみがチームを牽引するのではなく、チーム全員でこの目標を達成したいと考えておりますので、今後とも専修パワーズをよろしくお願いします!