急がれるFWエリアの再構築

今週金曜日のシドニー・スワンズとの対戦に向けて、欠場していたプレイヤーが試合に復帰する見込みとなっている。

フィジカルパフォーマンスマネジャーのJustin Crowはフォワードのキープレイヤーのひとり、Orazio Fantasiaが試合への準備ができていることを明らかにした。

Fantasiaはここ2試合、体調不良で欠場している。しかし、休養を十分にとり、今週末の試合にはAFLに復帰できそうだ。

「Raz(Orazio Fantasia)は今週、とても良いトレーニングができている。」

「体力も十分に回復しているので、今週末の試合には万全の体調にもっていけるはずだ。」

先週のジロング・キャッツとの試合は、フォワードエントリーに不安が残った。中盤で相手のプレッシャーを受け、良いボールが供給できずにフォワードエリアで相手ディフェンダーに何度もターンオーバーされた。

フォワードプレイヤーの怪我が多く、メンバーが入れ替わる中、フォワードエリアでのボール運びには不安が残る。

手首を骨折し、現在リハビリ中のMitch Brownはトレーニングに制限がかけられており、復帰はラウンド10のリッチモンド戦前後になる見込みだ。

「Mitch Brownは徐々に手首が良くなっていて、制限がある中でもトレーニングに積極的に参加している。ラウンド10での復帰を目指している段階だ。」

さらにもうひとり、キーフォワードのJames Stewartは鼠径(そけい)部の怪我のリハビリ中だ。2-3週間後の復帰を目指している。ラックマンやフォワードターゲットとして重要な役割を果たすShaun McKernanもリハビリ中。

「Shaunもラウンド10くらいに復帰ができるはずだが、慎重にテストを繰り返して状態を見る必要がある。」

多くのフォワードが怪我で欠場する中、フォワードエリアの立て直しができるだろうか。今週末金曜日のシドニー・スワンズとの戦いはOrazio Fantasiaの復帰に期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください