ターゲットとタックラーを同時に失う

フォワードのJoe Daniherは鼠径部の怪我が再発したため、今シーズンはこれ以降プレーしないことになった。

継続的な検査と、専門家やクラブのメディカルスタッフ、ハイパフォーマンススタッフによる徹底した協議の結果、恥骨の骨炎に対して手術を含めたオプションの検討が始まる。

エッセンドンフットボールクラブのDan Richardsonは、Joeとクラブは長期間の体への影響を考慮に入れて決断を下したと語った。

「再発の兆候がありながら数週間復帰を果たしたが、本調子ではなく、十分なコンディションではなかった。」

「昨年、Joeは安静を含む、ストレングスやリハビリのプログラムを実施したが、この種の怪我の性質を考えると、より多くのオプションを検討する必要があるという結論に達した。」

「協議の結果、恥骨骨炎を手術で治療する可能性が出ており、専門家の意見を聞きながら数週間の内に判断が下される予定だ。」

「残りのシーズンを戦う上で、Joeのような素晴らしいプレイヤーを失うのは非常に残念だが、彼の長期的な健康が最も優先度の高いことだと考えている。」

Daniherは残りの試合に出場できないのは残念だと語った。

「もちろんチームメイトと一緒に戦いたいが、専門的な知見を持ったスタッフと共に決断した結果だ。」

「試合に戻れるようできることは全てやってきたつもりだが、今回の怪我の再発で、選択できるオプションは限られたものになってしまった。」

「手術については来週頃に判断されると思うが、今はとにかく自分のリハビリと、チームメイトのサポートに集中していきたい。」

さらにクラブにとって良くないニュースは続く。中盤でのプレッシャーに欠かせないDevon Smithも膝の怪我により、残りのシーズンの試合に出場できないことが発表された。

専門チームが検討した結果、膝の手術が必要とのことだ。さらにSmithは以前より後十字靭帯にも怪我を抱えており、この機会に2か所とも手術で治療することが分かった。

GMのDan Richardsonは、Smithの復帰には約6ヶ月かかる見込みだと語った。

「ラウンド8のシドニー戦の後、新たな怪我が見つかった。」

「メディカルスタッフが慎重に検討した結果、この機会に膝を手術するという結論に達した。」

「Smithが残りのシーズンに出場できないのは非常に残念だが、彼のキャリアを考えた際にこれがベストな選択だと考えている。」

「彼はプレーができない期間もプレイヤーグループを支えてくれるし、彼のリーダーシップや試合の知識は、我々が成長を続けていく中で欠かせない。」

「Devonはプロ意識の高いアスリートで、リハビリにも強い意欲を見せている。クラブも全面的に彼をサポートしていきたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください