ラックマンへのパスは信頼の証

ラックマンのSean Darcyはフォワードラインの混戦の中でもハンドパスをレシーブしてゴールを奪いました。

体の大きいラックマンは混戦での素早いハンドパスつなぎに入らないことが多いですが、パスが回ってくるDarcy、見事期待に応えました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。