正直者のKozzy

メルボルン・デーモンズのフォワード、Kysaiah Pickettは蹴ったボールが相手ディフェンダーに当たったことを自ら申告。

スコアレビューの時間を節約して早くゲームが再開されるように促しました。

正直なPickett、Simon Goodwin監督も試合後のインタビューで称賛しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。