R10 vs. Eagles 接戦でも勝利への確信は揺るがず

WEST COAST       5.0     6.2      9.3       14.6       (90)
GWS GIANTS        2.4     4.7     8.12     14.14      (98)

ジャイアンツは、競り合いに負けない力強さを発揮し、ウエストコースト・イーグルスに対して初めての勝利を手にした。

何度も逆転を繰り返す試合を制し、今シーズンの対戦成績を8勝2敗とした。現在、アデレード・クローズが1位、勝敗の数は同じだがジャイアンツは得点率で2位となっている。

この日はToby Greeneがヒーローになった。第4クウォーターに流れを引き寄せるセットショットを決めると、その後、バウンダリーライン沿いからのゴールで勝利を決定づけた。

イーグルスのLewis Jetta(28ポゼッション)は試合終了間際に、スピードを生かし、ゴールスクエア付近でボールをターンオーバーし、ゴール。勝利への望みをつなげたものの、そのまま試合が終了し、イーグルスは今シーズン初めてホームでの敗北となった。

ジャイアンツはイーグルスと6回戦い、今回が初勝利。これでジャイアンツは全てのAFLクラブに勝利したことになる。

試合開始直後はイーグルスのペースだった。ボールの早い展開についていくことができず、クウォータータイムを迎えるころには14点の差をつけられていた。

ラックマンのShane Mumfordは50ヒットアウト、Dylan Shielは26ディスポーザル、2ゴールとボールに多く絡み効果的な攻撃に貢献、ジャイアンツはクリアランスでも53-32と相手を圧倒、しかし得点は拮抗し、最終クウォーターに入る時点でわずか3点のリードという接戦だった。

最終クウォーター、イーグルスのフォワードJosh Kennedyのゴールで逆転を許すが、彼はその直後に予期せぬ状況で怪我をしてしまい、イーグルスは得点源を失った。そして、ジャイアンツは再逆転をあきらめずに戦い続けた。

ジャイアンツが逆転し、イーグルスが再逆転という展開。しかし、ジャイアンツは最後まであきらめず、Greeneの素晴らしいゴールで勝利を引き寄せた。

「この勝利は接戦に慣れて勝てたのではなく、我々が辛抱強く戦えたから勝てたものだと思っている。」
監督のLeon Cameronは試合後に語った。

「Greeneはクラブにとって非常に大きな影響を与えるプレイヤーで、自ら状況を変えることができる貴重なプレイヤーだ。」

「ラックマンのMumfordも素晴らしかった。彼は序盤から良い流れを作り、クリアランスで優位に立てるようにチームに貢献してくれた。」

Josh Kellyは特に第3クウォーターに中盤でボールを動かし、29ディスポーザル、1ゴール。キャプテンのCallan Wardは果敢にボールにアタックして33ディスポーザル、ハーフバックのNathan Wilsonは20ポゼッションで、前線へ何度もキックパスを成功させた。

一方のイーグルスはディフェンスのJeremy McGovernが9マークを獲得し、ジャイアンツのPattonは彼に抑え込まれてしまった。中盤のAndrew Gaff(34ポゼッション)、Elliot Yeo(31ポゼッション)、Sam Mitchell(31ポゼッション、1ゴール)、Dom Sheed(31ポゼッション)、らがボールにアタックし、良いプレーを見せていた。

ふくらはぎの違和感で欠場したLuke Shueyの影響が大きかったか、イーグルスは得意の流れるような攻撃があまり見られなかった。

一方のジャイアンツも試合で戦えるフィットネスを持っているプレイヤーはわずか26人と苦しい状況。Tom Scully(膝の違和感)、そしてStephen Coniglio、Steve Johnson、Rory Lobb、Ryan Griffen、Devon Smithと日ごろ試合でプレーしているプレイヤーが出場できる状況ではなかった。

イーグルスの監督Adam Simpsonは、コンテストボールは106-108とほぼ互角だったのに対して、クリアランスとインサイド50mの回数で劣っていたと試合を振り返った。

「ボールへの意欲や、奮闘は確かにあった。しかし、度々スキルミスがあったり、意図したプレーができなかったりしたことが結果に響いた。」

「ボールを前線に供給できたチャンスが少なかった。現在の我々のセットアップでは、ハーフバックラインから一気に攻撃することを想定しているが、それがうまくいかなかった。」

「クリアランスで大きく負けていたが、コンテストポゼッションでは勝っていた。そこまで内容は悪くなかったのだが。」と悔しそうに語った。

ジャイアンツは怪我で出場できなかったプレイヤーが何人復帰できるかが、次節の明暗を分けるだろう。来週、ホームにエッセンドン・ボンバーズを迎える。

GOALS
West Coast: Kennedy 3, Vardy 2, Darling 2, Jetta 2, Petrie, Karpany, Cripps, Hutchings, Mitchell
GIANTS: Shiel 2, Cameron 2, Patton 2, Greene 2, Whitfield, Himmelberg, Kelly, Williams, Taranto, Lloyd

BEST
West Coast: McGovern, Sheed, Mitchell, Gaff, Yeo, Jetta
GIANTS: Kelly, Shiel, Williams, Kennedy, Ward, Greene

INJURIES
West Coast: Kennedy (lower leg)
GIANTS: Nil

Reports: Nil
Umpires: Margetts, Nicholls, Fleer
Official crowd: 37,057 at Domain Stadium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です