ミッドフィールダーの要、Shielが契約を延長

ミッドフィールダーのDylan Shielは契約の延長を発表した。今シーズンの終わりに契約切れとなるShielだったが、2年間の契約にサインした。現在24歳。今回の契約延長で2019年までジャイアンツでプレーすることになる。

Shielはジャイアンツ創設時からクラブに関わっているメンバーで、2010年、17歳の時にクラブに加入した。

スピードと卓越したスキルの持ち主で、トレーニングにも真面目に取り組み、フィジカルの強さにも定評がある。90試合以上のキャリアがある彼は、クラブのリーダーシップグループにも選出されている。

Shielはジャイアンツの将来に期待をしているようだ。

「クラブ創設時から関わっていて、クラブの成長を長い間見てきた。」

「クラブはとても良い状態で、プレイヤーやスタッフも仲が良く、シドニーを故郷のように感じている。良いクラブ文化を築いてきているし、とても熱心に応援してくれるファンもいる。これからもジャイアンツが成長していくプロセスに関わっていきたい。」

ジャイアンツのGMであるWayne Campbellは、Shielの再契約がクラブにとってさらなる追い風となると話した。

「我々は2019年までの彼の契約延長にとても満足している。」

「彼はこのクラブのリーダーとして成長し続けているし、クラブの未来を担ってくれるプレイヤーだと信じている。」

「DylanのほかにもPatton、Williams、Tomlinson、Flynnが今年再契約を発表している。多くのプレイヤーがコミットし続けてくれるのは、今のクラブにとっても将来のクラブにとっても非常に重要なことだ。」

若手とベテランのバランスが取れている今シーズン、ジャイアンツの活躍がますます期待される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です