グランドファイナルは初顔合わせ コリングウッド対ウエストコースト

グランドファイナルは初顔合わせ コリングウッド対ウエストコースト

2018年9月26日 0 投稿者: (ゆ)

コリングウッド 97 v リッチモンド 58 

試合前、圧倒的に有利とされてたタイガースだったけど、前半で勝負あった。マグパイズのスピードと怒涛の攻撃、中でも3ゴール、11マーク、身長211センチのMason Cox の大活躍はすごかった。

いっぽうのタイガース、Jack は5ゴールと一人で気を吐いたけど普段なら男前だけになおさら憎たらしいAlex Lanceもぜんぜん音なし。それにしてもDustyは本当に出場できる状態だったのか。

ウエストコースト 121 v メルボルン 55

前半、デーモンズは本当に同じフィールドの中にいるの?といわれるほど影がうすかった。ノーゴールですぜ。後半ようやく暑さに身体が慣れたのか、持ち前の攻撃力がでてきたけれど、それでもあのインターセプトの多さ。そして大きなリードにもまったく手加減しないイーグルスのディフェンス。強いチームってこう、というのをいやというほど見せてくれました。

ファイナルの緒戦を観にいったあとに「9月に自分のチームの応援ができるだけでも大きなボーナス」と言ったら「それは強いチームを応援していないから」と横ヤリが入りました。はい、その通りです。来年があるさ。

Brownlow メダルは下馬評通り、ホーソンのミッドフィールダーTom Mitchellが受賞。Danger とDustyが記録破りの得票を集めた昨年、一昨年にくらべて28票での受賞とちょっとローキイ。でも複数の選手に評価が広がったのはいいこと。ラックマンだって取れるかも、と期待されていたMax Gawn(デーモンズ)は20票。

 

グランド・ファイナル9月29日(土)コリングウッド v ウエストコースト

グランド・ファイナルで両チームが対戦するのは初めて、というのにはびっくり。コーチ時代に両チームをそれぞれ優勝に導いたMick Malthouseにはラジオの生中継でたっぷり語っていただきましょう。私の予想はコリングウッド。状態上向き、心配なケガ人がレギュラー陣にいないと、シーズンで負けたことも気にならないくらいツイている感じがします。(ゆ)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で