【AFLフラッシュバック 80’s,90’s】第3回  AFLでは、2世、3世プレーヤーは当たり前!(後編)

【AFLフラッシュバック 80’s,90’s】第3回 AFLでは、2世、3世プレーヤーは当たり前!(後編)

2018年1月21日 0 投稿者: aflnews

AFLフラッシュバック 80’s,90’s

1980年代、90年代にオーストラリアで幼少期、青年期を過ごした筆者が、VFL/AFLの逸話をご紹介します。

第1回2017/10超人気の州リーグ’VFL’から、全国リーグの’AFL’へ
第2回2017/11AFLでは、2世、3世プレーヤーは当たり前!(前編)
第3回2017/12AFLでは、2世、3世プレーヤーは当たり前!(後編)
第4回2018/180年代~90年代、最強を誇ったPort Adelaideと、AFL参入のゴタゴタ
第5回2018/2キック力は、世界標準!NFLでも通用した、AFL選手達
第6回2018/3AFLのスタジアム事情 ~80年代、90年代のスタジアム探訪(前編)~
第7回2018/4AFLのスタジアム事情~80年代、90年代のスタジアム探訪(後編)~
第8回2018/5ミスターゲス不倫 Wayne CareyのFootball人生
第9回2018/6State of Origin の歴史
第10回2018/780年代~90年代を彩った、スーパーフォワード

AFLで活躍している2世、3世選手は非常に多い。かつての名選手のジュニアから、はたまた驚きの”AFL”ファミリーを、前編、後編に分けて紹介する。

『親子の身長差20cm ~Tom Liberatore』

2016年、Western Bulldogsの62年振りの優勝に貢献したTom Liberatoreも、2世選手になる。Bulldogsの中盤の選手として、既に116試合の実績を誇るTomだが、その父親は、1990年にBrownlow Medalを受賞した、名RoverのTony Liberatoreである。イタリア系移民の子供として生まれた、Tony Liberatoreは、163㎝と、AFL随一の低身長であったが、1992年~1996年の5年間で年間100タックル以上を達成したファイターでもあった。ジュニアのTomは、183cmなので、親子の身長差はなんと20cmということになる。因みに、”Liberatore”の発音はイタリア式だと”リベラトーレ”だが、オージー・イングリッシュだと”リベラトーライ”となるらしい。。。

183cmのTom Liberatoreと、” 歴代最小のBrownlow Medalist ″, 163cmの父親Tom Liberatore

『Collingwood , Shaw兄弟のジュニア ~Heath Shaw』

2004年~2013年まで、人気クラブCollingwoodでプレーし、2014年~ Greater Western Sydneyでプレーする快速ディフェンダー、Heath Shawは、1970年代、1980年代に活躍したShaw兄弟の長男、Ray Shawのジュニアである。Collingwoodのキャプテンとして活躍したRay Shawだが、Collingwoodを退団後のキャリアも興味深い。1983年と1984年に、VFA(現VFL)のPrestonで選手兼コーチとして、リーグ連覇に貢献すると、VFA Divison2のWaverlyでもプレーする等、トップリーグから地域リーグまで、思う存分、選手生活を全うした、”典型的なFooty好きオージー”であった。なお、Shaw兄弟の次男、Tony Shaw(Heath Shawの叔父)は、兄のRay退団後もCollingwoodプレー。1987年~1993年まで、キャプテンを務ると、1994年、兄とは正反対に、”トップリーグ”で選手生活を終えている。

Heath Shawと、Shaw兄弟 , Ray (父親)とTony (叔父)

 

『神の子(Son of God) ~Gary Ablett Jr.~』

最も有名な、かつ実績のある2世選手と言えば、やはりGary Ablett Jr.になるだろう。現代Football史上、最高の選手の一人と言われるGary Ablett Jr.は、2001年にGeelong Catsに、Father – Son Ruleで指名を受ける。デビュー後の数年間、フォワードとしてプレーした後、2007年に中盤へとポジションを移すと、一気にその才能を開花させる。2007年に20票でBrownlow Medal 6位にランクされ、その年のCatsの優勝に貢献すると、2009年に30票を獲得し、初のBrownlow Medalに輝く。2011年、5年総額900万ドルの契約で、Gold Coast Sunsに活躍の場を移すと、2013年に、2度目のBrownlow Medalに輝く。

 

父親のGary Ablett Sr.は、そのプレースタイルは息子とは大きく異なるものの、1980年代~1990年代、Geelong、そしてAFLを代表するスーパーフォワードであった。Gary Ablett Sr.は、1982年、Hawthornで、プロ選手としてスタートするものの、メルボルンの都会の生活に慣れず、僅か6試合の出場で退団し、故郷に戻ってしまう。しかし、メルボルンより、”やや”田舎のジーロングの生活に満足したのか、1984年よりGeelong Catsのフォワード(主にハーフ・フォワード)として活躍。1989年のGrand Finalでは、9ゴールを挙げて、準優勝ながらNorm Smith Medal ( Grand Final MVP)に輝く。1993年、フル・フォワードへコンバートされると、その高い決定力を発揮し、124ゴールで初のJohn Coleman Medal (得点王)を獲得。1994年、1995年にも連続で、John Coleman Medal に輝き、1997年の引退までに、トータル1,030ゴールを挙げた(VFL/AFL歴代5位)。その高いマーク力と、ゴール前の決定力から、通称”God”(神)と呼ばれたGary Ablett Sr.は、2005年にAustralian Football Hall of Fame(殿堂)入りを果たしている。

 

そんな”神の子”のGary Ablett Jr.も、33歳となり、度重なる怪我の影響からか、ここ数年、パフォーマンスの衰えは隠せない。しかし、2018年シーズンより、古巣のGeelongに帰還し、最後の華を咲かせられるのか見守りたいところである。

”神の子”Gary Ablett(左)と、Specky (スーパー・マーク)の代名詞、”God” ,Gary Ablett Sr.

 

『華麗なるFootball 一族 ~Ablettファミリー~』

Gary Ablett Jr.とGary Ablett Sr.の親子だけでなく、その一族も、AFL選手だらけなのが、Abelttファミリーである。まず、Gary Ablett Sr.の二人の兄、KevinとGeoffは、VFL選手であり、特にGeoff Ablettは、Hawthornで200試合以上の出場を誇る、名Wingだった。Gary Ablett Jr.の弟、Nathan Ablettも、2005年~2007年まで、Geelong Catsでプレー。更に、Gary Ablett Jr.のいとこ( Kevin Ablettのジュニア)のLuke Ablettは、2002年~2009年まで、Sydney Swansでプレーし、2005年にはSwansの初優勝に貢献している。また、Ablett姓ではないが、Gary Ablett Sr.の妹は、元チームメイトであり、Hawthorn のレジェンド、通算426試合出場(VFL/AFL歴代2位)のMichael Tuck と結婚しており、その2人の息子のShaneとTravisも、それぞれ、RichmondとHawthornでプレーしていたAFL選手である。かなり複雑な相関関係なので、下記の家系図を参考にして欲しいが、いずれにしても、ここまでVFL/AFL選手だらけだと、親族の集まりでは、話題は、100%Footy関連であることは容易に想像はつく。。。

宮坂 英樹
1972年7月1日生まれ。父親の仕事の関係で、オーストラリア・メルボルンで、幼少期を過ごす。1994年に、VAFA(Victoria Amateur Football Association) 3部リーグでプレー。国内では、Eastern Hawks等でプレーし、2007年現役引退。現一般社団法人日本オーストラリアンフットボール協会会長。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で