ゴール、ゴール、ゴール!

3月22日(日)、先月と同じく、埼玉のはらっパーク宮代で行われた日本男子代表チーム Samuraisの練習試合を観戦し、試合後Miraisのトレーニングを実施しました。お天気もよく、桜も開花し、AFL観戦には最適な日となりました。Miraisのメンバーは、Samuraisの試合を自分たちで分析し、ゲームの進め方、ポジション、試合中やらなければならない必要なことなど、しっかりとメモを取っていました。メンバーの萩原、村上、工藤は、試合観戦をしながら、水や氷をプレイヤーに渡し、ビデオ撮影するなど、プレイヤーを サポートすることで、試合の現場を体験することもできました。

試合終了のホイッスルが鳴るとすぐ、Miraisがグラウンドで主役となる時間がやってきました。Bec監督は、この日のトレーニングではゴールキックに重点を置くことを計画していました。幸運にも、Samuraisの試合でゴールのセットアップを学ぶことができたので、練習する絶好の機会となりました。

まずはいつものように、ハンドボール、ショート・ロングキックで体を慣らし、各メンバーのゴールキックのスキルを見極めるため、早速ゴールキックの練習へ。ベック監督は、ボールがどこへ飛んで行くか心配していましたが、メンバーたちは、15m、20mの距離で、ゴールの正面、また角度をつけて見事にゴールキックすることができました。続いてのドリルでは、さらに遠くからキックし、自分自身のキックの距離を把握し、直接ゴールを狙うか、クイックキックやハンドボールでサイドへパスするかを判断する練習を行いました。最後のドリルでは、セットポジションの練習をして、ミッドフィルダーからフォワードラインでのセットプレーを行いました。

今日はいつもより短い時間でのトレーニングでしたが、実際の競技場で、実践に近い、実りある練習となりました。引き続き、Miraisは向上心をもって、前進していきます!

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です