ラックワークを重点的に

2月23日(日)、Miraisはいつもの新横浜公園に集合し、ウォームアップでしっかり体を温めた後、早速トレーニングを開始しました。この日は、新しいメンバーも加わり、トレーニングを楽しんでもらうことができました。Miraisのメンバーは、新しいメンバーにハンドボールやキック、簡単なランニングキックのお手本を見せ、基礎的なスキルを覚えてもらうことからはじめました。

この日のトレーニングは、ラックワークとミッドフィルダーの動き方を中心にドリルを実施しました。ベック監督は、小さなホワイトボードを用意し、動きについて丁寧に図で説明し、どういうドリルが必要かを指示し、早速練習へと入りました。メンバーたちは、新しい戦術を試すことにわくわくし、攻撃チームになりたいと積極的に申し出ていました。最初は、はじめてのドリルということもあり、動きがぎこちなく戸惑っているようでした。異なる方向を示す数字を覚えることに苦戦していましたが、ベック監督から「こっち!」と背中を押されて何度か指示をもらううちに、自分たちで動き出せるようになっていました。

続いて、ベック監督は、ディフェンダーをつけ、ラックだけでなくミッドフィルダーにもプレッシャーをかけることで、さらなる戦術を加えました。村上と萩原は、コミュニケーションをしっかり取り合い、素早いハンドボール、ターゲットへのキックと、チームワークを発揮することができました。今回初参加の菅井にはターゲットになってもらい、マークの練習も行いました。

このドリルでの最終ステップは、フォワードにディフェンダーをつけることでした。これによって、フォワードへのプレッシャーが高まり、ボールをマークする際、自分たちが優位になるよう正確な方向へ導くことが必要となります。何度かチャンスを逃しましたが、最終的にはターゲットをとらえ、正確にキックすることができました。今回のドリルはとても難しく、頭をフル回転させるトレーニングとなりました。

しっかり休息を取り、次回さらなる練習に取り組む予定です!!

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です