いつもの時間、いつもの場所で・・・

「いつもの時間にいつもの場所?」「そうだよ。じゃあまたね!」この会話がMiraisのお決まりになりました。Miraisにとってトレーニングは、特別なことではなく、もうすでに当たり前の習慣となっています。フットボールはおもしろいもので、フィールドでのコミュニケーションが深まるにつれて、フィールドの外で内々の話で盛り上がるようになります。メンバーたちは、フィールド上では真剣なまなざしでボールを追いかけ、フィールドの外では笑顔でいっぱいになります。フットボールがチームの絆を深め、メンバーたちにとってフットボールは生活に一部になりつつあります。

1月19日(日)、澄み切った空の中、いつものように10時から新横浜公園にてトレーニングを行いました。メンバーたちは四方八方からやって来て、荷物をベンチに置き、ボールの空気を入れて自らトレーニングの準備をはじめ、メディカルトレーナーがやって来て、ラダーとコーンを使った機敏性を高めるトレーニングの準備に取りかかる。そんな一連の動きは既にお決まりのものになっています。トレーナーによると、一般的に女性は膝の内側の筋肉が弱いとのことで、片足でジャンプし、着地するトレーニングを行い、体幹を鍛えることに重点を置きました。

続いてフットボールに特化したトレーニングへ。ベック監督は、基本のハンドボールとキックの練習をゆっくりはじめ、メンバーたちの動きやスキルを入念にチェックしました。メンバー全員が、日本代表男子代表チームのブレット監督からの「国際レベルで競うには、基本的なキックとマークを完全にマスターする必要がある。」というアドバイスをしっかり覚えていました。体が十分に温まると、ベック監督は厳しいトレーニングへと移行しました。

2対1に分かれ、1人がディフェンダーとなり、ハンドパスをさせないよう、ターゲットにキックができないよう果敢に守り、またオフェンス側はボールを奪われないよう、いかに切り抜けるかという競い合い、ぶつかり合うドリルを実施しました。スポーツにおいて、競争心が強く、勝つことにこだわることはとても重要なことです。メンバーたちの足は常に動いており、懸命にボールを落とすまいとマークをし、何よりもまず相手を崩し、打ち負かすことを楽しんでいました。メンバー全員、自分が本気になるスイッチを発見したようでした。次のトレーニングでは、同じドリルでもっと多くのことを学べるかもしれません。

フットボールに興味があり、体験してみたいという方は、Miraisがどこでトレーニングを行っているかもうご存知のはずです!いつもの時間、いつもの場所でぜひお会いしましょう!!

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です