SAMURAIS監督との特別セッションを実施!

12月15日(日)、太陽が降り注ぐ中、Miraisはまた新たなチャレンジをしました。この日はとても幸運なことに、男子ナショナルチームSamuraisのブレット・クアルトロー監督から特別指導を受けることができました。ブレット監督からの一番のポイントとなるアドバイスは、優れた女性フットボール選手になるには、基本をきちんと行うということでした。そのため、今回のトレーニングでは、基本の練習を徹底的に行うことに集中しました。

まずは、ハンドボールの練習からスタート。ブレット監督は、メンバーのテクニックを入念にチェックし、それぞれに修正すべき点を指導しました。新たなドリルとして、利き手とは反対の手でハンドボールを行う練習を実施。全く違う方向へ飛んで行くこともあれば、ターゲットへ向けて正しく打つことができることもあり、ボールのコントロールの難しさを学びました。このドリルのポイントは、どんな状況でも対応できるよう多才なプレーヤーになることを目指すことです。

続いてキックの練習へ。AFLやラグビーの経験があるメンバーもいるため、キックのテクニックよりも正確性を重視しました。ボールを正しく落としてキックすることが正確さに繋がるポイントとなります。ドリルでは、一人がキックをし、もう一人が正しいポジションで親指を使ってマークする練習を行いました。

Miraisのメンバーは、今回のセッションで新しいドリルにチャレンジする中で、多くのことを学ぶことができました。ブレット監督は、Miraisの目標が達成できるよう、とても役立つアドバイスをしてくれました。この貴重なセッションで学んだことを大切に、次のトレーニングにも生かしていきたいと強く感じることができた一日となりました。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です