今年もAFLXが帰ってくる!

昨年、その奇抜なルールで物議をかもしたAFLXが今年も開催されます。

AFLが行う実験的なゲーム『AFLX』は、昨シーズンのフィードバックを反映させ、よりエキサイティングなゲームになって帰ってきました。

今シーズンは2月22日(金)、日本時間17:10に開幕する一日限りのイベントとなります。会場はAFL本部のあるマーベルスタジアム(旧エティハドスタジアム)。1つの会場で全ての試合を観戦できるようになり、各クラブを代表するスタープレイヤーのシーズン直前のプレーを楽しむことができます。

試合の様子はAFLの公式サイト「 https://www.afl.com.au/aflx 」でチェックでき、AFLの全試合を生中継で観戦できる「 https://www.watchafl.com.au/ 」(有料)もおすすめです。

また、今回は従来のクラブの枠ではなく4名のキャプテンがチームに必要なプレイヤーを選んでチームを構成する方法で、4チームが組織されました。よって、チームの構成は4名のキャプテンの好みとなり、所属クラブも違う、言わばオールスターチームとなっています。

チーム名とキャプテン、副キャプテンは以下のとおりです。

【Bolts】
キャプテン:Patrick Dangerfield(Geelong Cats)
副キャプテン:Luke Hodge(Brisbane Lions)
⇒全スカッド

【Rampage】
キャプテン:Jack Riewoldt(Richmond Tigers)
副キャプテン:Patrick Cripps(Carlton Blues)
⇒全スカッド

【Flyers】
キャプテン:Nat Fyfe(Fremantle Dockers)
副キャプテン:Marcus Bontempelli(Western Bulldogs)
⇒全スカッド

【Deadly】
キャプテン:Eddie Betts(Adelaide Crows)
副キャプテン:Shaun Burgoyne(Hawthorn Hawks)
⇒全スカッド

さらに、サッカーグラウンドやラグビーグラウンドの大きさで行われるAFLXには特別ルールがいくつかあります。以下の映像をご覧になってルールをご確認ください。

AFLをより世界に広めるために考案されたAFLX。

香港での開催が噂されるなど、今後はオーストラリア国外での開催も検討されています。日本にAFLXが上陸する日もそう遠くないかもしれません。

AFLXが来るその時のために、事前に試合をチェックしておくのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status