R8 vs. Blues 連敗から抜け出せず

CARLTON       4.1    6.2    10.6   14.7    (91)
ESSENDON    3.2    5.9    7.14   10.18  (78)

長年のライバル、カールトン・ブルーズに敗退した。カールトンは今シーズン勝ち星がなく、エッセンドンが初勝利をプレゼントした形となり、エッセンドンのファイナル進出へは険しい道のりが残っている。

カールトンのCharlie Curnowは第3クウォーターで2ゴールを奪い、果敢にボールアタックする姿勢がチームを勢いづけ、13点差の勝利につなげた。

再びエッセンドンは第3クウォーターに相手に負け、ハーフタイムまでの1点差のリードを守ることができなかった。第3クウォーターの弱さを指摘されているが、それ以外のクウォーターでも相手のプレッシャーに負けているシーンも多かった。

試合の終盤、Shaun McKernanとAnthony McDonald-Tipungwutiのゴールで一時は流れを引き寄せたが、その後カールトンの猛攻に合い、3ゴールを奪われた。

序盤は五分の戦いを繰り広げていたエッセンドン。後半はプレッシャーをかけられて本来の突破ができず、流れを掴むことができなかった。また球際での1対1で優位に立つことができなかった。

Jake Stringerは14タッチで1タックル、 McDonald-Tipungwutiは7タックルを記録したものの、1ゴールにとどまり、James Stewartは0ゴールに終わった。

エッセンドンはフォワードのJoe Daniherを欠いたが、Cale Hookerはディフェンスに残した。代わりに入ったShaun McKernanは8マークと、2ゴールと役割を果たし、モバイルフォワードのOrazio Fantasiaも2ゴールと攻撃を支えた。

また、David ZaharakisとDyson Heppellは中盤で多くのボールを動かし、Devon Smithはこのゲームで最も多い15タックルを記録した。

エッセンドンは次節、土曜日にMCGでジロング・キャッツと対戦する。

GOALS
Carlton: C.Curnow 3, E.Curnow 2, Lang 2, McKay 2, Lamb 2, Fisher, Petrevski-Seton, Kerridge
Essendon: McKernan 2, Fantasia 2, McKenna, Ambrose, Zaharakis, Heppell, Merrett, McDonald-Tipungwuti

BEST
Carlton: Cripps, Kreuzer, E.Curnow, C.Curnow, Simpson, Lamb, Jones, Thomas
Essendon: Zaharakis, Heppell, Smith, Hooker, Fantasia

INJURIES
Carlton: Wright (ankle)
Essendon: Nil

Reports: Nil
Umpires: Stevic, Williamson, Glouftsis
Official crowd: 44,669 at the MCG

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status