公式戦で感じたこと

昨日は待ちに待った公式戦でした。先日も書きましたが、この公式戦に出るために、敢えて滞在期間を延ばしたと言っても過言でないです。

昨日は12時からホームで試合でしたが、グレッグさんと共に9時30には会場に到着し、会場の準備を手伝いました。自分は音声機器やゴールポストを運んだり、椅子を並べたりしました。

普段のトレーニングや練習試合ではグラウンドに到着したらすぐに始められる準備がされていますが、見えないところで裏方さんのサポートがあったことに気付かされました。また、今回は2試合あり、1試合目がリザーブチームて2試合目がトップチームの試合でした。自分はリザーブチームで出場しました。

(これは倉庫の写真です。)

準備をしているうちに続々とチームメイトも到着し、ユニホームに着替えてミーティングを行いました。

これは選手のポジションを表すボードです。

試合後に撮ったものなのでスターティングメンバーとは異なりますが、自分は左のハーフフォワードとしてスタメン出場しました。

これはミーティング中に使った重要事項が書かれた紙です。この他にも何枚か壁に貼られており、監督が一つ一つ説明をしながら話していました。

正直に言うと、ミーティングでは何を言っているのか理解出来ないことが多いですが、ミーティングが終わった後や試合中に身振り手振りで自分の試合中の役割を確認しています。また、監督さんやチームメイトも気を使ってくれて、自分のことを試合中に、みんなで声をかけてポジショニングなどを教えてあげよう、と試合前に話していました。

ミーティングの途中に遅れてアキラさん(trent beardさん)がリザーブチームの試合に出場するために来ました。チーム内に日本語でコミュニケーションが取れる人がいるのといないのでは、大きく違います。

更衣室でのミーティングが終わった後にグラウンドに出てアップを始めました。アップでは毎回、息が上がるほどは行いません。ランニングから始まり、ストレッチをした後にハンドパスやキックを行いました。アップから皆で声を出して盛り上げていました。

アップが終わった後に、再び更衣室に戻り試合のユニホームに着替えました。そして、重要事項を再度確認した後に、更衣室内でバンプ練習や声を出しながらの腿上げを行い士気を高めました。

自分は時々、アメフトやラグビー選手が試合前に肩を組み円になって大声を上げている姿がかっこよく感じていましたが、フットボールでも似たようなことを行いました。固まって小さな円になりながら、監督の言葉に対して大声で返答を繰り返しました。そして、試合のブザーがグラウンドから聞こえ、ドアの前に2列に並び皆で勢い良くグラウンドに飛び出しました。相手を威嚇する為か、体の大きい選手が前列に固まりました。

 

試合開始前の写真です。

第1クオーターは自分が左のハーフフォワードでアキラさんがフォワードだったので、コミニュケーションが取りやすい位置から試合が始まりました。

序盤から相手に押し込まれる展開が続き、オフェンス面での見せ場はなく守備にまわる時間が続きました。途中で一度ベンチに下がりましたが、すぐに今度はハーフバックとして出場しました。相手の動きに合わせて動くとどうしても一歩遅れてしまうので、相手の行動を先読みすることを心がけました。

相手のペースのまま第1クオーターが終了しました。ミーティングを少し行い、第2クオーターはそのままハーフバックで出場しました。

押される状況は変わりませんでしたが、動きを止めることなくタックルに行きました。今回は圧倒されるほど大きな選手が相手に少なかったので、タックルやバンプがし易かったです。

第2クオーターも終了し少し長い休憩に入りました。

更衣室で、バナナやオレンジ、グミなどを間食として取りながら前半の反省を行いました。リードされている状況でしたが、皆前向きでした。

第3クオーターもハーフバックとして出場しました。相手のボールをインターセプトしてからボールを持ったままランニングができ、プレーの幅が広がりました。また、いつも以上にボールアタックに行くことが出来、第3クオーター後のミーティングで自分のプレーが監督に褒められて嬉しかったです。特に、立て続けにタックルにいったシーンを評価されました。

第4クオーターはフルバックとして出場しました。体の大きい選手が集う場所でどうやったらハイボールに対して相手に取らせないか意識してプレーしました。同時にジャンプをしたら背が高い方が勝つのは当たり前なので、出来るだけ先に飛んで相手を飛ばさないようにしつつ、スポイルをするのがやり易かったです。

試合の結果は大差をつけられて負けてしまいました。今までリザーブの中でも立ち位置が最下層な気がして勝敗に対して個人的な感想しかありませんでしたが、今回はなぜもっとチーム全体として走れなかったのかや、ボールに対して強く行けなかったのか、など考えられる範囲が広がりました。

また、試合後に監督さんから試合のベストプレイヤーの3人に入ると言われたことは非常に自身に繋がりました。

この日を楽しみに練習してきた中で、勝てなかったことは残念でした。普段一緒に練習しているメンバーはトップチームで出場し、初見の選手が半分を占めるリザーブチームでの出場に悔しさは残るものの、これが今の自分実力なんだと思い知らされました。自分の試合後にトップチームの試合があり見ていましたが、スピード感もフィジカル面も明らかに違いがありました。逆に、昨日でまた一つ新たな目標が出来たので、今後はそこに向かって練習しようと思います。

試合後に写真を撮って頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください