昨日のプレー以外の詳細

今日は犬の散歩やジム、また家事を手伝ったりなど特に変わったことはありませんでした。強いて言うなら、昼ごはんに鳥のレバーを焼いて食べていたところ、グレッグさんに冗談で、「レバーを食べるなんて狂っているから病院に行った方が良い」と言われたくらいです。

なので、今日は昨日の試合の書き忘れてしまったあらゆる詳細について書いて行きたいと思います。

まず集合時間は、試合開始の1時間30前でした。集まってからすぐにアップというわけでも無く、グラウンドで行われていた前の試合を見たり軽くボールを蹴ったりとリラックスしていました。クオーター間では着替えずにランニングシューズのままグラウンドに入りキック練習など体を動かしました。

試合開始の45分前から着替え始め、テーピングやマッサージをトレーナーにしてもらう準備をしました。その後、全員で作戦版を使いスタメンの発表を受け監督から作戦を聞きました。次にポジションごとに分かれ更に細かな作戦会議が行われました。これらが終わり、試合開始20分前からグラウンドの周りでランニングやストレッチを行いました。

前の試合が終わり10分前位からキックやハンドパスを行いました。皆で更衣室まで戻り輪になって士気を高めた後にドアの前に2列に並び勢い良くグラウンドに走って行きました。バラバラに行くのでは無く敢えて統一感を出していたのだと思います。また、更衣室内では、トレーナーが油の塊のようなものが入っている缶を抱えていました。皆手にとっていたので自分も取り日焼け止めだと思い腕や首に塗りましたが、ベタついていたので恐らく滑り止めだった気がします。

試合中は監督が指示を出してもグラウンドが広く聞こえないため、「runner」と書かれた黄色いビブスを着たコーチが伝達に来てくれました。戦略のことや交代の指示をその人がしていました。ボールアンパイアはいなかったため出場選手が交代交代で行っていました。

クオーター間では再度、作戦版を使い監督から話がありポジションごとに分かれてまた話し合いを行いました。2.3クオーターの間では休憩が長いため、更衣室に走って戻りミーティングを行いました。昨日もまた、バナナとオレンジとグミが間食として出されていました。昨日はグミを食べましたが、特に気持ち悪くなることもなく良いエネルギー補給になったと思います。

試合後はグラウンドの隅で試合の良かった点と悪かった点、また今後の予定などを約15分ほど話チームとしての活動は終了しました。

その後、更衣室に戻り、アイシングをする人もいればシャワーを浴びに行く人、直ぐに帰る人など人それぞれに過ごし解散です。練習試合だから、負けても皆気落ちすること無く、明るかったのが印象に残りました。監督さんもクオーター間では士気を上げるために大声を出したりしていましたが、試合後は穏やかで選手とコミニュケーションを取っていました。日本でも活かせることは持ち帰りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください